リシャール・ミル 破天荒の証し

時計特集

「RM 07-02 オートマティック ピンク レディ サファイア」。ベゼル、ミドルケース、ケースバックに100%サファイアクリスタルを採用したレディスモデル。製造の初期段階で酸化チタンと酸化アルミニウムを混ぜて発色させ、濃くも薄くもなく全体に均一なピンクになるようにこだわったという。自動巻き(Cal.CRMA5)。25石。2万8800振動/時。パワーリザーブ約50時間。ピンクサファイアクリスタル(縦46.75×横32.90mm、厚さ14.35mm)。30m防水。予価1億2500万円。
奥田高文、奥山栄一:写真 Photographs by Takafumi Okuda, Eiichi Okuyama
鈴木幸也(本誌):取材・文 Text by Yukiya Suzuki (Chronos-Japan)

2016年のS.I.H.H.において、100%サファイアクリスタルケースを初めてレディスモデルに採用し、新たな“ブルーオーシャン”を切り拓いたリシャール・ミル。加えて、これまで同メゾンが手掛けてきた独自路線を貫き通すムーブメントと外装のノウハウを盛り込んだ機械式万年筆。かように、常に高級時計の世界で前人未踏の道なき道を突き進み、ブランド創業以来、絶えず進化と適応を繰り返しながら変化し続けるリシャール・ミルの“今”を切り取り、その本質に迫る。

Recommend おすすめ記事

News ニュース