ヴァシュロン・コンスタンタンが“超複雑腕時計”の王座を奪還

時計特集

レ・キャビノティエ・セレスティア・アストロノミカル・グランド・コンプリケーション 3600
鈴木裕之:取材・文
Text by Hiroyuki Suzuki

2017年のSIHHで、最も“攻めの姿勢”を見せたブランドのひとつがヴァシュロン・コンスタンタンであった。同社ビスポーク工房と同名を掲げるユニークピースのコレクション「レ・キャビノティエ」から、グランド・コンプリケーションをふたつも発表したのだ。そのうちの1機、「レ・キャビノティエ・セレスティア・アストロノミカル・グランド・コンプリケーション 3600」は、合計23機能を搭載し、現時点における“世界で最も多くの複雑機構を搭載する腕時計”となった。

Recommend おすすめ記事

News ニュース