快進撃が止まらない リシャール・ミル 2017超速報

時計特集

RM 50-03 トゥールビヨン スプリットセコンド クロノグラフ ウルトラライト マクラーレンF1
マクラーレン・ホンダとの共同開発モデル。マクラーレンも採用するグラフェンをケースとストラップ素材に配合。さらに、ムーブメントの地板と受けにチタンを採用し、ストラップを含めた時計全体の重さをわずか40g以下に抑えた。手巻き(Cal.RM50-03)。43石。2万1600振動/時。パワーリザーブ約70時間。TPTグラフ(縦49.65×横44.50mm、厚さ16.10mm)。50m防水。世界限定75本。予価1億1270万円。

毎年、SIHHで会場を沸かせるリシャール・ミル。
製品のユニークさと新しい試みへの取り組みは、コレクターたちはもちろん、時計関係者の注目も集めている。
2017年の新作は、そういった同社らしさをいっそう強調したものとなった。
リシャール・ミルの快進撃はとどまるところを知らない。

広田雅将(本誌):取材・文
Text by Masayuki Hirota (Chronos-Japan)

Recommend おすすめ記事

News ニュース