ムーンフェイズ再発見[月齢表示高精度化への挑戦]

時計特集

ポルトギーゼ・パーペチュアル・カレンダー・シングルムーン
ダ・ヴィンチの設計を受け継ぐ永久カレンダーの最新型。耐衝撃性などが向上したほか、月齢表示の精度も2003年以降、577年半に1日とより正確になった。Ref.IW503302。自動巻き(Cal. 52610)。54石。2万8800振動/時。パワーリザーブ約7日間。18KRG(直径44.2mm)。3気圧防水。437万円。
吉江正倫、矢嶋修:写真 Photographs by Masanori Yoshie, Osamu Yajima
広田雅将、篠田哲生、鈴木幸也(本誌)、河合雅士(本誌):取材・文
Text by Masayuki Hirota, Tetsuo Shinoda, Yukiya Suzuki (Chronos-Japan), Masashi Kawai (Chronos-Japan)

先駆者–––IWC

月齢表示を動かすギアの数が増えるほど、月齢表示は正確になる。
しかし、そのためには減速用の中間車を収めるスペースが必要だ。
かつて、腕時計に精密なムーンフェイズを載せることが難しかった理由である。
理論的には可能だが、実際はできないと思われていた精密な月齢表示。
だが、1985年に発表されたIWC「ダ・ヴィンチ・パーペチュアル・カレンダー」は、
ついにそれを可能にした。まさに高精度月齢表示の嚆矢である。

Recommend おすすめ記事

News ニュース