老舗ジュエラーBVGARIの高級機械式時計「オクト ローマ」を編集部が気ままにインプレッション

時計特集

『クロノス日本版』の精鋭? エディターたちが、話題の新作モデルを手に取り好き勝手に使い倒して論評する大好評の連載企画。今回登場するテスト機は、名門中の名門、ブルガリの「オクト ローマ」。58面にも及ぶファセットを切ったケースのデザインと奥行きのあるブラウンカラーのダイアルがブルガリらしい1本だ。今回は主に、ラッカー仕上げの文字盤の質感や視認性に焦点を当ててテストした。

ブルガリ「オクト ローマ」

「編集部の気ままインプレッション」。ブランドから提供いただいた時計を実際に使い、あーでもないこーでもないと勝手気ままに論評を加えるこの企画も、業界関係者を中心に認知されてきた。というわけでもないのだが、今回は前回のパネライ同様、大物がやってきました! ブルガリが2017年にジュネーブで発表した「オクト ローマ」である。同名モデルはこれまでにもあったが、ブルガリはこのモデルのオクタゴナルシェイプを生かしつつ、ケース全体のプロポーションをリニューアルした。それが今回のインプレッションモデルだ。オクトの代名詞である複雑なファセットは110面から58面まで抑えられ、もちろん、ラグやベゼルのデザインも一新。デザイナーが「既存のシェイプは堅持しつつ、全く異なるイメージの時計を作りたかった」と言っていたように、従来のややスポーティな印象から、よりドレッシーな雰囲気のモデルへと変貌を遂げたのだ。

サンレイ仕上げのブラウンの深い色合いにうっとり

オクト ローマ

ブルガリのショールームでファーストルッキング。上品な部屋の雰囲気にぴったり。サンレイ装飾が入ったブラウンカラーのダイアルは光の当たり加減によって、美しいグラデーションを生む。ラッカー文字盤の作りに長けたブルガリならではだ。

「うーん、3針ながら正統派のドレスウォッチ」というのが第一印象だったが、ドレッシーな雰囲気とは最近とんと無縁なわたしが、この時計をバッチリとつけこなせるかどうか。それが唯一の不安、ではあった。
 サンレイ装飾を施したダイアルはラッカー仕上げのブラウンカラーだ。ブルガリはブラックやブラウンのラッカー文字盤を得手としており、この文字盤もボルドーとでも呼んでいいほど深い色合いが素晴らしく、光の当たり加減でグラデーションを描く。ストラップも文字盤に合わせたブラウン。決して地味な色合いではないが、強い自己主張はしない。そんな気品と奥ゆかしさを感じさせてくれる。

Recommend おすすめ記事

News ニュース