BREGUET マリーン エクアシオン マルシャント 5887 / ブレゲと「均時差」かくも永き蜜月

時計特集

奥山栄一:写真 Photographs by Eiichi Okuyama
広田雅将(本誌):取材・文 Text by Masayuki Hirota (Chronos-Japan)

マリンクロノメーターに始まり「マリー・アントワネット」を経て
「マリーン エクアシオン マルシャント 5887」に至る系譜の秘密

さまざまな機構を開発したアブラアン-ルイ・ブレゲ。
しかし、彼が実現できなかったものがひとつある。それが均時差表示付きのマリンクロノメーターだ。
理論上、最も正確に経度を測ることができるこの均時差表示付きマリンクロノメーターは、
初代ブレゲがスケッチを描いた約2世紀後、彼の遺志を継いだ現代ブレゲの技術者たちによって実現するに至った。

Recommend おすすめ記事

News ニュース