USEN-NEXT島田「時計で自己演出する男の審美眼とは?」3

時計特集

produced by MITSUKOSHI WORLD WATCH GALLERY
USEN-NEXT島田「時計で自己演出する男の審美眼とは?」


クロノス日本版編集長 広田雅将
×
USEN-NEXT HOLDINGS
取締役副社長 COO 島田亨
vol.3 時計は日常のストレスリリースにもなる

広田: でもそこまで自分なりの形やスタイルができてしまうと、崩したくなったりしませんか。

島田: しますよ(笑)。だからたまにGショックの限定モデルなんかを買ったりして。最近、遊びでDJをやっているので、普段つけないごっつい眼鏡や時計をしています(笑)。そんなシーンに応じて、自分の見せ方を変えるのにうまく使っています。

広田: スイッチみたいな感じ?

島田: はい。スイッチ入りますよね。

広田: 時計は確かにそうですよね。自分の生きている環境はなかなか変えられないけど、持ち物を変えて気分を変えるっていうのは確かにあります。逆に勝負時計とは言わないまでも、ビシっとしたい時につける時計はおありですか。


詳細は三越WORLD WATCH GALLERYにて掲載中


Recommend おすすめ記事

News ニュース