ダイニングイノベーション西山「決断と挑戦から見えたこととは?」2

時計特集

produced by MITSUKOSHI WORLD WATCH GALLERY
ダイニングイノベーション西山「決断と挑戦から見えたこととは?」2


クロノス日本版編集長 広田雅将
×
ダイニングイノベーション
代表取締役会長 ダイニングイノベーション
第2回「ギャップがあることが自分らしさ」

西山: 会社の上場や退任など節目に合わせて時計を買い、キャリア毎にテイストも変わっていき、いまではフランク ミュラーやリシャール・ミルに到ってます。パテック フィリップやオーデマ ピゲはスーツの時によく着用していますし、最近はビンテージ感のあるブライトリングなんかも気に入ってます。

広田: なかでもいちばんよくつけるのは?

西山: オーデマ ピゲの「ロイヤル オーク オフショア」です。スーツの時はとくに。


詳細は三越WORLD WATCH GALLERYにて掲載中


Recommend おすすめ記事

News ニュース