アルティオリ ゲーリー・クーパー モデル / コニサーズ・チョイス

時計特集

世紀の伊達男を気取れる靴

世界中のVIPに愛されるアルティオリの靴。今回は顧客のひとりだったゲーリー・クーパーに捧げるスペシャルモデルにフォーカス。フォルムやディテールまでもが世紀の伊達男のオーラを纏っている。

押条良太(押条事務所):取材・文 Text by Ryota Osujo
吉江正倫:写真 Photograph by Masanori Yoshie


 ファッションに一家言ある人に「歴史上最もお洒落だと思う人物は?」と問えば、ゲーリー・クーパーの名を挙げる人は少なくない
だろう。「クープ」の愛称で親しまれるアメリカ生まれの俳優は、端正な顔つきと長身に加え、類まれなるファッションセンスを持っていた。英国紳士を思わせる品とアメリカンカウボーイの雰囲気を併せ持つ着こなしは世界中の人々を魅了し、今も色褪せることがない。

 そしてアルティオリはこの永遠のファッションアイコンに捧げる特別な靴を生み出した。アルティオリといえば、1945年創業のイタリアの靴ブランド。創業時から変わらない最高級の素材使いと自社工場の職人による高い技術力をもって知られる名門中の名門だ。顧客は映
画俳優や各国の大統領と幅広く、故ローマ法王ヨハネ・パウロ2世にも献上した歴史を持っている。ゲーリー・クーパーもアルティオリの熱心なファンであり、数々の靴をオーダーしていた。

 このモデルもしかり。かつてゲーリー・クーパーがオーダーしたモデルで、さらに木型はアーカイブに保管されていた本人のものをベースに、現代人の足に合うようアップデートされた木型が使用されている。

 スタイルは王道のストレートチップ。ほんのり丸みを帯びたスクエアトウをはじめ、すらりと伸びたロングノーズ、垂直に屹立したサイドウォール、高めに設定されたレースステイなど、まさにイタリア靴の美学を体現したデザインに仕上がっている。また、アルティオリといえば、マッケイ製法が主流だが、このモデルに関しては、軽くしなやかな履き心地と頑丈さを兼ね備えたハンドソーンウェルテッド製法を採用。さらにアッパーに使用されたベビーカーフによって、足全体を優しく包み込む、上質なソックスのような履き心地を生み出している。

 世に名作と呼ばれるストレートチップは数あれど、ゲーリー・クーパーの愛靴が忠実に再現されたこの一足は、スタイル、履き心地ともに文字通りの別格。いかなるシーンにも、絶対の自信を持って臨めるはずだ。

アルティオリ ゲーリー・クーパー モデル

ゲーリー・クーパーが1950年代にオーダーしたといわれる伝説のストレートチップを復刻。本人のものをベースにした木型が使用されるなど、このブランドだからこそ実現できる特別な復刻モデルだ。世界でも数えるほどしか存在しないプレミアムな一足。ヒールカップは縫い目のない仕様に。かかとを包み込むことで快適な履き心地を実現する。30万円。

Contact info: ワールド フットウェア ギャラリー GINZA SIX ☎03-6263-9991

Recommend おすすめ記事

News ニュース