有名ジャーナリストが選ぶバーゼルワールド2019新作ベスト5/松山 猛

時計特集

3月20日のプレスデーで幕を開け、26日に閉幕したバーゼルワールド。100年以上の歴史を持つ世界最大規模の同展で、現地に足を運んだジャーナリストたちはなにを見て、なにを思ったのか。国内外の著名ジャーナリストにバーゼルワールドで発表された2019年新作からベスト5をそれぞれ選んでもらった。

時計ジャーナリストの松山猛が選ぶ新作ベスト5(順位なし)

●ブルガリ/オクト フィニッシモ クロノグラフ GMT オートマティック

オクト フィニッシモ クロノグラフ GMT オートマティック

世界一薄いクロノグラフという記録を打ち立てたオクト フィニッシモ。完成されたケースデザインの中に、次々に機能を盛り込んでいく意欲に敬服する。

ブルガリ「オクト フィニッシモ クロノグラフ GMT オートマティック」
自動巻き(Cal.BVL 318)
37石
2万8800振動/時
パワーリザーブ約55時間
サンドブラスト仕上げチタン(直径42mm、厚さ6.90mm)
30m防水
サンドブラスト仕上げチタンブレスレット
国内発売予定2019年6月
192万円(税別)


●シャネル/プルミエール ミッドナイト イン ヴァンドーム

豪華な素材を用いて、大真面目で蛙をモチーフにした置時計を作ってしまった。蛙は幸福のシンボルなのだろうか? とにかくオブジェとしての完成度が素晴らしい。

シャネル「プルミエール ミッドナイト イン ヴァンドーム」
クォーツ
18KYG、黒檀と黒曜石製台座
56.43ctダイヤモンド
30m防水
世界限定1本


●アーノルド&サン/タイム・ピラミッド トゥールビヨン

タイム・ピラミッド

シンメトリカルに配したムーブメントのデザインの美しさや磨き抜かれた部品による、見て楽しむ時計の王道を完璧に表現している。その工芸的価値に1票。

アーノルド&サン「タイム・ピラミッド トゥールビヨン」
手巻き(Cal.A&S8615)
31石
2万1600振動/時
パワーリザーブ約90時間
SSもしくは18KRG(直径44.60mm、厚さ10.09mm)
3気圧防水
アリゲーターストラップ
世界限定各28本
SSモデル446万円(税別)
18KRGモデル562万円(税別)


●ブライトリング/プレミエ B01 クロノグラフ 42 ノートン エディション

ヴィンテージ感あふれるデザインと、贅沢だけどデイリーユースの時計として使いたくなる、そして時を告げてくれる仲間のような親しみやすさを感じる時計。

ブライトリング「プレミエ B01 クロノグラフ 42 ノートン エディション」
自動巻き(Cal.01)
2万8800振動/時
パワーリザーブ約70時間
SS(直径42mm、厚さ13.65mm)
10気圧防水


●ハジメアサオカ/TSUNAMI DELUXE

直径15ミリの大きなテンプが、ゆったりと1万8000振動/時で動く姿は、まるでポケットウォッチを思わせてくれる。完璧さを求める製作者の、魂を込めた作品にリスペクト。

ハジメアサオカ「TSUNAMI」
手巻き
17石
1万8800振動/時
パワーリザーブ約40時間
SS(直径37mm)



選者のプロフィール

松山猛/まつやまたけし

1946年京都市東山区生まれ。64年京都市立日吉ヶ丘高等学校美術課程洋画科卒業ののちグラフィックデザイナーを目指す。67年アマチュアフォークソンググループだったフォーク・クルセイダースのために作詞した『帰って来たヨッパライ』がミリオンセラーとなる。70年から雑誌の世界で活動開始。のちに“ポパイ”“ブルータス”の創刊メンバーとなり、ヴィジュアル化していく雑誌の編集を体験する。同じころに興味を持った時計の世界をライフワークとし、80年代からスイスの時計世界を取材。機械式時計復活の時代を発信し続けている。

Recommend おすすめ記事

News ニュース