ブレゲ(breguet) 2019新作一挙公開!

時計特集

マリーン クロノグラフ 5527



自動巻き(Cal.582QA)。28石。2万8800振動/時。パワーリザーブ約48時間。Ti(直径42.3㎜、厚さ13.85㎜)。10気圧防水。価格未定。

全面的に刷新されたマリーンに、新しくTiブレスが加わった。用意されたのは3針の「マリーン 5517」、クロノグラフの「マリーン クロノグラフ 5527」、そしてアラームの「マリーン アラーム ミュージカル 5547」である。時計自体は従来に同じだが、まったく新しい3連のチタンブレスレットが備わる。ブレゲらしく、ブレスレットの左右の遊びは適切な上、ヘッドとのバランスも良好である。また、バックルの保持部分にセラミックスのベアリングを加えることで、耐久性も期待できるだろう。なお、メンテナンスを考慮して、すべてのコマは分解可能である。


クイーン・オブ・ネイプルズ 8967



自動巻き(Cal.591C)。25石。2万8800振動/時。パワーリザーブ約38時間。SS(縦43×横34.95㎜、厚さ9.58㎜)。3気圧防水。価格未定。

レディースモデルへの新しい試み。クイーン・オブ・ネイプルズは長らくギヨシェまたはマザー・オブ・パールのみを文字盤に用いてきたが、本作ではマリーン レディ同様、マーブル模様のラッカー仕上げが採用された。十数回ラッカーを重ねて研ぎ上げた文字盤は独特の質感を放つ。また、ストラップにはブルーのデニム(!)が採用された。一見奇抜に見えるが、時計としてのまとまりは非常に良い。なお、ラッカー仕上げの文字盤は、ハリー・ウィンストン同様、表面に保護用のクリアラッカーを吹いていない。

Recommend おすすめ記事

News ニュース