「アラジン」でジーニーに扮するウィル・スミスの愛用時計/セレブウォッチ・ハンティング

時計特集

一流のセレブたちは一体どんな腕時計を選ぶのか? 世界のセレブたちのプライベートなワンシーンを切り取り紹介する連載コラム「セレブウォッチ・ハンティング」。今回はハリウッド俳優やミュージシャン(ラッパー)として多才な活躍をするウィル・スミスが選ぶ腕時計を紹介しよう!


ウィル・スミス

ウィル・スミス

Photograph by Gabe Ginsberg/WireImage

 先週から映画館では実写版『アラジン』の上映が開始されている。1992年にディズニーが製作したアニメーション映画を、筆者は何度も観たためにストーリーを知ったつもりでいるが、アラン・メンケンの名曲「ホール・ニュー・ワールド」を美しい映像とともに鑑賞できると思うと、改めて映画館まで足を運んでみたくなる。実写版でもう1点気になっているのは、全身を真っ青に塗ってジーニーに扮する俳優のウィル・スミスの存在だ。

『インデペンデンス・デイ』『アイ・アム・レジェンド』などに出演してきたウィル・スミス。これまでスクリーン上で存在感を放ってきた彼の腕時計といえば『メン・イン・ブラック』のハミルトン「ベンチュラ」が筆頭に挙げられるだろうが、「セレブウォッチ・ハンティング」では彼のプライベートでの愛用モデルの1本を紹介する。
 写真をいくつか探したところ、2016年の写真には、タグ・ホイヤーのアイコニックピース「モナコ」を見付けることができた。


タグ・ホイヤー「モナコ」

モナコ AMC

 タグ・ホイヤーの前身であるホイヤーが1969年にファーストモデルを発表した「モナコ」。ホイヤーとブライトリング、ハミルトン-ビューレン、デュボア・デプラの4社の共同開発による自動巻きクロノグラフを、それまで防水性を持たせるのが困難だと考えられていたスクエアケースに搭載したことで時計業界に衝撃を与えたモデルである。

 一時はスイスフランの高騰やベースムーブメントの供給停止などを背景に製造が中止されたこともあるが、時を経てタグ・ホイヤーはモナコを復活させた。
 2014年に発表された「タグ・モナコ キャリバー 12 クロノグラフ」は、往時のモナコの構成を継承する。キャリバー12搭載機の外見的な特徴として右側リュウズとスクエア形状のプッシュボタンが挙げられるため、ウィル・スミスの着用モデルは同シリーズに絞り込まれる。かつクロノグラフ針やストラップのステッチにあしらわれた特徴的なオレンジ色のアクセントから、モナコ自動車クラブ(AMC)との限定コラボレーションモデルと考えられるだろう。
 

Photograph by Masanori Yoshie
2014年に発表された「タグ・ホイヤー モナコ キャリバー12 クロノグラフ」。Ref.CAW2111。自動巻き(Cal.12)。59石。パワーリザーブ約40時間。SS(縦39×横39mm)。100m防水。57万5000円(税別)。


 モナコはファーストモデル誕生から、今年2019年で50周年を迎える。
『クロノス日本版』のアイコニックピース特集では、モナコの誕生から最新モデルに至るまで詳細に特集している。12月には新型モデルが発表予定だ。こちらを再読いただければその日までがますます楽しみになるかもしれない。

タグ・ホイヤー/モナコを紹介した記事はこちらから。
●アイコニックピースの肖像「タグ・ホイヤー/モナコ」

高井智世


Recommend おすすめ記事

News ニュース