ティソ「ヘリテージコレクション」の2019年新作詳報

時計特集

 2019年4月にティソは新作「ティソ ヘリテージ 1973」を発表した。かつてティソがスポンサードしていたレーサーとの絆を深めるオマージュモデルである。

Originally published on watchtime.com
Text by Logan R. Baker

ティソ
「ティソ ヘリテージ 1973」

ティソ ヘリテージ

ティソ「ティソ ヘリテージ 1973」。自動巻き(Cal.ETA7753)。27石。2万8800振動/時。パワーリザーブ約48時間。SS(縦46.6×横43mm、厚さ14.9mm)。100m防水。カーフレザーストラップ。世界限定1973本。23万8000円(税別)。2019年9月末発売予定。


 かつてティソは、スイスの若きドライバー、ロリス・ケッセルのスポンサーとして彼を支援していた。新作「ティソ ヘリテージ 1973」は、1976年にF1出場を果たしたロリス・ケッセルが手首に巻いていた「ティソ ナビゲーター」を復刻させた、ヴィンテージ調のクロノグラフモデルである。ロリス・ケッセルの息子は現在「ケッセル・クラシック・レーシングチーム」を率いる人物であり、ティソは同チームと2018年にパートナーシップを結んだ。ティソ ヘリテージ 1973は、ティソとケッセル一族とのつながりがよみがえったことを記念したモデルである。
 
 この新作はティソの「ヘリテージ」コレクションに属し、ティソ ナビゲーターのファーストモデルが発表された1973年にちなんだモデル名が冠せられた。世界限定数も1973本で統一されている。

ティソ ヘリテージ

ヴィンテージ感が漂うオーバルクッション型ケース。


 外観的なディテールは、ロリス・ケッセル着用モデルの要素をいくつか継承している。例えばオーバルクッション型ケースの形状だ。大きさは現代的に直径43mmとサイズアップしており、ヘアラインとポリッシュの異なる仕上げが施されている。防水性能は100mである。サンドブラスト仕上げの文字盤はブラックのサブダイアルを3時、6時、9時位置に配したパンダダイアルだ。4時30分位置には文字盤と色合いを揃えた日付表示を備える。クロノグラフ針にあしらわれたオレンジカラーもかつてのティソ ナビゲーターから踏襲され、モノクロ調な中にアクセントとして映える。ブラックのインナーリングにはタキメーターが配された。

ティソ ヘリテージ

パンチングレザーストラップの製造方法に関してティソは特許を取得している。


 風防にはサファイアクリスタルが使用され、時計内部はミネラルガラス製ケースバックから鑑賞することができる。搭載されているのは振動数4Hz、パワーリザーブ約48時間を保持するETA7753キャリバーだ。ローターのデザインはシンプルで、薄くヘアライン仕上げが施され、ティソのロゴがプリントされている。ETA7753のデイト調整は特徴的で、10時位置に埋め込まれているコレクターを、付属のツールを使用して日付送りをする必要がある。

バルジュー7753

裏蓋はトランスパレント仕様である。

 組み合わされるカーフレザーストラップはパンチングが施されている。ティソは1965年に軽減孔付きステアリングホイールから着想を得てパンチングストラップを開発しており、特許も有する。
「ティソ ヘリテージ 1973」は、ティソの歴史的要素が詰まった復刻モデルだ。2019年9月末の発売が待ち遠しい。

バルジュー7753



Contact info: ティソ Tel.03-6254-7361


Recommend おすすめ記事

News ニュース