ノモス グラスヒュッテについて知っておきたい5つのこと

時計特集

 近年、毎年のように時計業界ではない知人たちから、ノモス グラスヒュッテに関する質問を受けるようになってきているのだが、その状況は十分理解できる。数十年以上にわたって、このドイツブランドは次に挙げるような要素を築き上げながら、アメリカ市場へ目覚ましい進出を果たしてきた。それは、極限まで研ぎ澄まされたミニマルなデザイン、素晴らしいマーケティング手法、手の届きやすい価格帯、真の自社製ムーブメントなどによるところが大きい。これらすべてをもってして、ノモスは「長い間かけて築き上げてきた純粋な時計愛好家たちにおけるプレステージ性を傷つけることなく、どのようにミレニアル世代やZ世代にアピールするか?」という点において、多くのブランドがしのぎを削る舞台の最前線で大きな成功を収めてきた。

 現在ノモスは、すべてのドイツブランドの中で最大の生産本数を誇ると同時に、愛好家の期待を裏切らないデザインの方向性の中で新しいコレクションを打ち出し続けている。ベルリンの壁が崩壊した2カ月後に創業したブランド、というような広く知られる事実から、時計愛好家たちでさえもまだ知らない興味深い事柄もある。今回はそんなノモスについて、知っておきたい5つのポイントをお伝えする。

Originally published on watchtime.com
Text by Logan R. Baker

洗練された時計作り


 ノモスのR&D(研究開発)部門を率いるのは、ドイツの独立系ブランド「ラング&ハイネ」の共同設立者でもある、ミルコ・ハイネだ。すべては2001年にさかのぼる。時計職人の見習いであったマルコ・ラングとミルコ・ハイネはチームを組み、ドレスデンに自分たちの工房をスタートさせた。1年後、ふたりは最初の作品をバーゼルワールドで発表し、喝采を浴びた。しかし2002年の夏にハイネは、ノモスのR&D部門の責任者となるべくこの若いブランドを去ったのである。今では、「ノモススウィングシステム」や「DUW 3001」(詳細については後述する)など、多くの独自の技術を開発するに至る。一方、マルコ・ラングは「ラング&ハイネ」のブランド名を維持しつつ、年間約50本の時計製造を続けたが、2019年に彼もラング&ハイネを離れた。

ノモス

ノモスが2017年に発表した「クラブ 38 キャンパス」。手巻き(Cal.アルファ)。17石。2万1600振動/時。パワーリザーブ約43時間。SS(直径38.5mm、厚さ8.5mm)。10気圧防水。ベロアレザーストラップ。20万円(税別)。



限定モデルへのこだわり

 世界展開している他のブランド同様、ノモスも自社の特定ブティックや関係先のみで発売する限定モデルをこれまで数多く発表してきた。多くの場合、それは特定のカラーが施されたインデックスであったり、関連する取扱店や記念するイベントなどに関する文字盤の仕様であったりするのだが、ノモスの場合は予想外の方法でブランドのデザイン精神を反映したユニークな時計を生み出してきたのだ。私の言うことが信じられないようであれば、次に挙げるような記憶に残る時計を例を確認してみてほしい。「ノモス・タンジェント バーニーズニューヨーク」(日本限定)、「ノモス・タンジェント ミレニアム」(オーストリア限定)、「ノモス・タンジェント 漆」(日本限定)などが挙げられる。

ノモス

Photograph by clubnomos.de
(左上)2006年にバーニーズニューヨークの銀座店・新宿店で発売された「ノモス・タンジェント バーニーズニューヨーク」。(中上)2000年にオーストリアのジュエラー「Pulferer」のために作られた「ノモス・タンジェント ミレニアム」。(右上)2007年に、日本の伊勢丹新宿店のために発表されたプラチナ製「ノモス・タンジェント 漆」。(左下)2006年にドイツ・オーベルストドルフのジュエラー「Müller」のために製作された「ノモス・タンジェント クラウス・シュミット」。(中下)2007年に発表された「ノモス・タンジェント 香港ブラックパール」。(右下)2011年にドイツ・マインツのジュエラー「Willenberg」のために作られた「ノモス・タンジェント ラティチュード50周年モデル」。


国境なき医師団

 2012年以来、ノモスは国境なき医師団のドイツ支部(Ärzte ohne Grenzen)を支援しており、世界各地での活動につながる財団の資金集めのために限定モデルを発表してきた。世界規模の人道的支援組織と正式に提携を結ぶ前に、ノモスは生産方法と材料調達が国境なき医師団によって要求される厳格な倫理規定を満たしているかを確認するための一連の検査を受けた。

国境なき医師団

国境なき医師団とのコラボレーションモデルの特徴は、6時位置のインデックス下にある"Ärzte ohne Grenzen"の表記や、赤色の12時のインデックスなどである。


時計作りの町、グラスヒュッテ

 ノモスのデザインはすべてベルリンで行われているが、ノモスの本社機能は、時計に特化した町グラスヒュッテにある3つの社屋に集約されている。グラスヒュッテはベルリンから車で2時間半、ドレスデンから45分の距離だ。グラスヒュッテでは、ケースとムーブメントの組み立てが行われている。なお事務関係の部署があるメインオフィスは、以前のグラスヒュッテ駅舎を改築して作られた。鉄道といえば、ノモスはバーゼルワールドでのパーティーを、バーゼルにあるドイツ側の駅で毎年開催している。

グラスヒュッテ

ノモスの社屋があるグラスヒュッテの集落。


自社製へのこだわり

 ノモスは2005年から自社製ムーブメントの生産を開始しており、特に直近では際立ったふたつの機構を開発している。このふたつが、生産に対するブランドの姿勢を完全に変えることとなった。2014年に発表された「ノモススウィングシステム」と、その翌年に発表された自社開発ムーブメント「DUW 3001」である。設計から一貫して自社で作られたノモススウィングシステムは近年のモデルのほとんどに搭載されている脱進機であり、この実現によってノモスは外部の会社に供給を頼る必要がなくなり、自社の生産能力を向上させることができた。一方、DUW 3001はノモススウィングシステムを搭載した自社製自動巻きムーブメントで、「タンジェント」「オリオン」「ラドウィッグ」「メトロ」「ミニマティック」「クラブ」といったコレクションに採用されている(新しいコレクションの「アウトバーン」「アップデート」では、キャリバーDUW 3001の派生版「DUW 6101」が使用されている)。DUW 3001は厚さわずか3.2mmで、青焼きのネジ、3/4プレート、グラスヒュッテ・ストライプ仕上げなど伝統的なドイツ時計作りの特徴を備えている。

スウィングシステム

ノモススウィングシステムを搭載するムーブメントのひとつキャリバーDUW 4401は、デイト表示とパワーリザーブインジケーターを備える。


Contact info: 大沢商会 Tel.03-3527-2682


Recommend おすすめ記事

News ニュース