タグ・ホイヤーが1990年代を反映したモナコのリミテッドモデル第3弾を発表

時計特集

 タグ・ホイヤーは2019年7月10日に、アイコニックピース「モナコ」の誕生50年を記念した限定モデル第3弾「モナコ 1989–1999 リミテッドモデル」を、その数日後に「FIA フォーミュラE選手権」第12戦を控えた地、ニューヨークで発表した。
 前2作の「10年単位」のテーマに続き、第3弾は1990年代の様式的な影響とデザインコードを組み合わせて作られた。その詳細をお伝えしよう。

Originally published on watchtime.com
Text by Mark Bernardo

タグ・ホイヤー 「モナコ 1989–1999 リミテッドモデル」

タグ・ホイヤー「モナコ 1989–1999 リミテッドモデル」。自動巻き(Cal.11)。59石。2万8800振動/時。パワーリザーブ約40時間。SS(縦39×横39mm)。100m防水。世界限定169本。直営ブティック・公式オンラインブティック限定モデル。完売につき販売終了。


 記念モデルの1作目にあった1970年代のアースカラーと、2作目の80年代のゴーゴースタイルに続く今回の新作は、90年代のハイテクブームとグランジ・ミュージックを背景として生まれた、スティールを多用したインダストリアルデザインの流れを汲むものである。グレーのグレイン仕上げの文字盤にはロジウムコーティングが施され、ブルースケールが配された特徴的なサンドブラスト仕上げのサブダイアルを備えている。レッドで示されているセンターのクロノグラフ秒針や時分針の先端、アワーインデックスが深みとコントラストを添えている。それ以外のすべての特徴を、角型防水ケースで初の自動巻きクロノグラフを搭載して世界を驚かせた1969年のオリジナルモデルから変わらずに見ることができる。例えば39mmのステンレススティール製スクエアケース、6時位置のデイト表示、9時位置に配されたリュウズ(左)と3時側のクロノグラフプッシャー(右)、12時位置の歴史的な「HEUER」のロゴ(当時のブランド名)などである。

タグ・ホイヤーのモナコ50周年記念モデルの発表は、ニューヨークのウォールストリートにあるレストラン「チプリアーニ」で行われた。

モナコの過去と現在のモデルがディスプレイされた。

フォーミュラEチャンピオンのジャン=エリック・ヴェルニュとタグ・ホイヤーのアンバサダー、パトリック・デンプシー。

 特徴的なスクエアケースの中には、1969年のオリジナルモデルに搭載されていた型破りなムーブメントの後継機である、タグ・ホイヤーのキャリバー11が内蔵されている。日付早送り機構や、約40時間のパワーリザーブを備えた自動巻きクロノグラフ機構搭載ムーブメントは、直線と円を描くヘアライン仕上げが施されたソリッドケースバックによって密封され、そのケースバック上には他の記念モデル同様「1989-1999 SPECIAL EDITION」「ONE OF 169」のエングレービングが施されている。

ロジウムコーティングが施されたグレイン仕上げの文字盤に、ブルーとレッドのアクセントが映える。

「モナコ 1989–1999 リミテッドモデル」のケースバック側。

 1970年代モデルの第1弾発表はモナコ・グランプリで、1980年代モデルの第2弾はスティーブ・マックイーン主演の映画『栄光のル・マン』の舞台であるフランスのル・マンで発表された。モータースポーツをテーマにした周年記念の発表は1990年代モデルの今回の第3弾にも受け継がれ、ブルックリンのレッド・フックで7月13日から14日にかけて行われたフォーミュラEの幕開けに合わせるように行われた。

「モナコ 1989–1999 リミテッドモデル」には、パンチングカーフレザーストラップが付属しており、文字盤に合わせてダークブルーにレッドステッチのコントラストが効かせてある。世界限定169本で販売された。



Contact info: LVMH ウォッチ・ジュエリー ジャパン タグ・ホイヤー Tel.03-5635-7054


Recommend おすすめ記事

News ニュース