グランドセイコーの魅力はどこにある? 選び方やおすすめを紹介

時計特集

「グランドセイコー」は、日本が世界に誇る高級時計ブランドである。1960年から続く歴史の中で、長く愛され続けるその魅力は一体どこからくるのだろうか? 商品や知識と共に、グランドセイコーの魅力に迫る。


グランドセイコーの基礎知識

グランドセイコーは国内の腕時計メーカーの中でも最高級ブランドの一つに数えられる。世界的にも高評価を得ているグランドセイコーについて、まずは歴史やスタイルといった基礎の部分から解説する。

グランドセイコーの歴史

初代グランドセイコー

1960年 初代グランドセイコー

グランドセイコーの誕生は、1960年にまで遡る。当時、スイスは「時計王国」と呼ばれるほどに、高級腕時計の分野で圧倒的な支持を得ていた。

スイスの牙城を切り崩し、日本国内で最高級腕時計を造るという志を経て誕生したのが、グランドセイコーである。

GSセルフデーター

1964年 GSセルフデーター

グランドセイコーは誕生からわずか4年で、カレンダー機能と高い防水性能を備えたセルフデーターを世に送り出す。

その後も女性用腕時計として「19GS V.F.A.」や、グランドセイコー初のクォーツとなる「95GS」を経て、グランドセイコーは高い技術力を元に、高機能を備えた高級腕時計を次々と発表した。

19GS V.F.A.

1972年 19GS V.F.A.
95GS

1988年 95GS

ケースにセラミックスを採用した「ブラックセラミックス」や、グランドセイコー初のマイクロアーティスト工房製モデル「スプリングドライブ8Days」など、今なお日本の高級時計の先端を走り続けているのである。

セイコースタイル

現在のグランドセイコーにおける基本フォームとなっているのは「セイコースタイル」である。セイコースタイルはデザイナーの田中太郎氏によって確立されたスタイルで、以下の三つが基本コンセプトとなっている。

1. 平面を主体として、平面と二次曲面からなるデザイン。三次曲面は原則として採り入れない。
2. ケース・ダイヤル・針のすべてにわたって極力平面部の面積を多くする。
3. 各面は原則として鏡面とし、その鏡面からは極力歪みをなくす。

このセイコースタイルを取り入れた初のモデルが、1967年に発売された「44GS」である。以降、セイコースタイルはこの三つの基本コンセプトをデザイン文法として、さらに九つの定義を設けているのである。

その定義とは、他のインデックスの2倍の幅を持つ12時のインデックスであったり、接線サイドラインであったり、フラットなダイヤルであったりと、細部に至るまで厳格に定義されている。

この洗練されたセイコースタイルこそ、グランドセイコーたらしめている要因と言えるだろう。

44GS

1967年 44GS

マニュファクチュールへのこだわり

マニュファクチュールとは、ムーブメントから自社で一貫製造する時計メーカーを指す言葉である。グランドセイコーは、高級腕時計ブランドとして、マニュファクチュールに対し強いこだわりを持っている。

それはパーツ一つひとつの素材を徹底的に研究し、購入者が満足できるよう、高いレベルでのデザイン性と機能を備えているという点である。マニュファクチュールを名乗るブランドは多いが、外装部品まで自社で仕立てる時計ブランドは世界でも希少である。

Recommend おすすめ記事

News ニュース