オメガの東京オリンピックモデルをチェック。限定モデルの特徴を解説

時計特集

シーマスター アクアテラ 東京2020 リミテッド エディション

シーマスター アクアテラ 東京2020 リミテッド エディション
シーマスター アクアテラ 東京2020 リミテッド エディション

2020年という東京オリンピックの開催年にちなんで、2020本を限定生産する「シーマスター アクアテラ 東京2020 リミテッド エディション」について説明しよう。

東京オリンピック大会を正確に記録すると同時に、オメガによるこの1本は手にする者の思い出もしっかりと刻み込んでくれるだろう。

エンブレムが用いられたデザイン

同製品には、陸上や水中など、あらゆる環境で機能するための性能が備わっている。オリンピック大会のいかなるシーンでも躍動するアスリートを象徴するかのようなモデルといえよう。

41mmのステンレススティール製モデルには、オメガとしては初の試みであるセラミックス製ダイアルを採用した。これも、常に進化を求めるオメガの挑戦だ。

ダイアルには、東京2020のエンブレムにインスパイアされた模様がレーザーエングレービングされ、メモリアルな装飾となっている。また、日付窓が6時のポジションに配されている点も特徴的だ。

さらに、ロジウムブレート仕上げの針やインデックスにはホワイトのスーパールミノヴァが塗布され、エレガントさを奏でている。

オメガ マスター クロノメーター キャリバー8900など製品概要

「シーマスター アクアテラ 東京2020 リミテッド エディション」を支えている基盤は、コーアクシャル脱進機、エスケープメント搭載の自動巻きムーブメント「オメガ マスター クロノメーター キャリバー8900」だ。

スイス連邦の政府機関であるMETAS(スイス連邦計量・認定局)も認定する高性能のマスター クロノメーターでもあり、その正確さは折り紙付きだ。

1万5000ガウス以上の磁力にも負けない耐磁性能や、シリコンSi14製のフリースプラングテンプを採用している。

さらに、ローターとブリッジにはアラベスク調のジュネーブウェーブが施され、さらに品格を漂わせるロジウムプレートで仕上げられ、細部にまで及ぶ十分な設えは見事の一言だ。


シーマスター プラネットオーシャン 東京2020 リミテッド エディション

目にも鮮やかなホワイト基調が気品を漂わせる「シーマスター プラネットオーシャン 東京2020 リミテッド エディション」も、東京オリンピックの開催に花を添える一品だ。

こちらも大会実施年にちなんだ2020本の限定生産となっている。優美なアスリートの動きのごとく、エレガントなテイストをまとってみてはいかがだろうか。

国旗が用いられたデザイン

純白の盤面に、日本の国旗をモチーフとした赤いドットを備えた秒針が躍る同製品には、ポリッシュ仕上げのホワイトセラミックス製ダイアルが配されている。

ホワイトセラミックスのベゼルには、2020年を記念して、20の部分だけレッドのリキッドセラミックスを採用している点も見逃せない。

白で統一するため、ストラップにはホワイトレザーを用いてトータルデザインがなされている。ブルーで転写された東京2020のエンブレムが映えるサファイアクリスタル製のケースバックも特徴的だ。

オメガ マスター クロノメーター キャリバー8800など製品概要


「シーマスター プラネットオーシャン 東京2020 リミテッド エディション」の心臓部は、「オメガ マスター クロノメーター キャリバー8800」だ。オメガの完成度の高さを象徴する技術のひとつである。

こちらも、METASに認定されたマスター クロノメーターで、精度は保証付きだ。前述のキャリバー8900同様に、1万5000ガウス以上の耐磁性を有し、フリースプラングテンプはシリコンSi14製となっている。

Recommend おすすめ記事

News ニュース