ゼニス「エル・プリメロ」が変革したクロノグラフの歴史(前編)

時計特集

ゼニス「エル・プリメロ」

世界初の自動巻きクロノグラフとして発表されたゼニスのCal.3019PHC、通称エル・プリメロは1969年1月10日に発表され、今年で50周年を迎えた名機である。
エル・プリメロは現在においても高く評価されているムーブメントのひとつとして認識され、そして、一部の改良を経ながら、今なおクロノグラフの第一線に立ち続けている。
今回は誕生50周年を機にその歴史を振り返る。

Originally published on watchtime.com

エル・プリメロ


 時計そのものが年月を経て“クラシック”として価値ある存在になることはあまり珍しくないが、時計のムーブメントがその名をはせ、50年後に伝説的なステータスを手に入れることは、そうあることではない。

 1960年代終わりのスイスでは、世界初の自動巻きクロノグラフムーブメントの開発にいくつかのメーカーが精力をつぎ込んでいた。代表的なのがブライトリング、ホイヤー・レオニダス、ハミルトン・ビューレン、デュボア・デプラが協業したグループである。彼らはマイクロローター搭載の自動巻きムーブメントにクロノグラフ用のモジュールを重ねるかたちで自動巻きクロノグラフムーブメント、クロノマティックを開発し、69年3月にジュネーブ、ニューヨーク、香港、ベイルートで同時発表を行った。

 一方、日本ではセイコーが垂直クラッチを用いることで、コンパクトなクロノグラフ機構を自動巻きムーブメントに載せることに成功した。自社製のCal.6139は69年5月に日本市場へ導入され、これが世界初の自動巻きクロノグラフの発売となった。

ゼニス, エル・プリメロ, A384

1969年発表のクッションケースが特徴的なA384。こちらは70年代の個体である。自動巻き(Cal.3019PHC)。31石。3万6000振動/時。パワーリザーブ約50時間。SS(直径37mm)。

 しかしそれらに先駆け、ゼニスとそのパートナーであるモバードは69年1月10日のジュネーブにおけるプレスカンファレンスで、「エル・プリメロ」(スペイン語でNo.1の意)と呼ばれる自動巻きクロノグラフムーブメントとそれを搭載したプロトタイプの発表にこぎつけていた。直径13.5リーニュ、厚さわずか6.5mmのエル・プリメロは、主ゼンマイの収縮率が目まぐるしく変わる自動巻き機構を用いながら、高精度を維持するため、極めて早い時期に硫酸モリブデンをベースとした乾燥潤滑剤を香箱に使用したムーブメントでもある。

 また、当時としては画期的な約50時間のパワーリザーブや、3万6000振動/時(毎秒10振動/5Hz)というスペックを兼ね備えていた。特に後者はクロノグラフの計測時間を10分の1秒単位で可能にしている。一方、ブライトリングやホイヤーが開発したクロノマティックCal.11の振動数は1万9800振動/時であった。

ゼニス, エル・プリメロ

1990年代のステンレススティール製モデル。SS製タキメータースケールを備えたモデルであれば20万円台から中古市場で見つけることができる。

Recommend おすすめ記事

News ニュース