ブレゲという時計ブランドの魅力。その来歴やコレクションを知ろう

時計特集

時計史を彩る偉大なるマイスター、アブラアン-ルイ・ブレゲが創業した「ブレゲ」の魅力を紹介しよう。真に優れた時計師は、数学者であり芸術家であり哲学者でもあるといわれるが、ブレゲはまさにその体現者をルーツに持つ唯一無二の時計メゾンだ。



ブレゲという時計ブランド

アブラアン-ルイ・ブレゲ(1747-1823年)はヌーシャテルで生まれ、職人としての人生の大半をパリで過ごした。

「トゥールビヨン」を代表とする、現在では一般的となった複雑機構の多くは、「ブレゲ」の創業者アブラアン-ルイ・ブレゲが創出したものだ。

あらゆる領域でデジタル化が進む現代にあって、いまなお多くの人が機械式時計に価値を見出すのは、アブラアン-ルイ・ブレゲが時計の可能性を大きく切り開いた功績が大きいだろう。

ここではまず、アブラアン-ルイ・ブレゲの来歴と、功績の一端を紹介しよう。

ブルボン朝時代のパリで設立

1747年、ブレゲの創設者アブラアン-ルイ・ブレゲはスイスのヌーシャテルに生まれ、10代でパリに移り、時計職人としての修行を始めた。

1775年に大修道院長ジョゼフ-フランソワ・マリーの助力により、シテ島のケ・ド・ロルロージュに時計工房を設立する。ここから「ブレゲ」の歴史が始まった。

この工房で、ブレゲはレバーやルビー・シリンダー脱進機を開発し、マリーによってフランス王室に紹介される。

1780年にはプラチナのローターを使用した信頼性の高い自動巻き時計「ペルペチュエル」を開発し、これをオルレアン公が購入した。

1782年にはフランス王妃マリー・アントワネットを顧客とし、高度で複雑な時計「No.160 マリー アントワネット」の注文を受ける。

グランド・コンプリケーション No.1160

「No,160マリー・アントワネット」と呼ばれるモデルは、1783年に受けた“できるかぎり部品にゴールドを使用し、当時の複雑機構をすべて”という注文に対してつくられたもの。完成は王妃の死後34年後、1827年であった。写真は復刻版の「グランド・コンプリケーション No.1160」。

時計界のダ・ヴィンチ

ブレゲの創造性は留まるところを知らず、1783年にはゴングを用いたミニッツリピーター、先端が「中空のりんご」状のブレゲ針、1795年にはパーペチュアルカレンダーと、時計に関するあらゆる側面における開発を続けていく。

一説には、今日の機械式時計に用いられる機構の約70%はブレゲの発明といわれるほどに、時計史におけるブレゲの功績は偉大なのだ。

1783年、それまで使われていた鐘の代わりに、板バネをハンマーが叩く方式の最初のリピーターウォッチを制作。また今日に続くブレゲ針も同年に誕生している。

1810年にナポリ王妃から受けた注文により、世界初の女性用腕時計「No.2639」を作ったという記録も残されている。時計を腕に装着するという“腕時計”を発明したという点において、また数々の発明を総合して「ブレゲは時計の進化を2世紀早めた」といわれる所以となっている。

その常人を遥かに超えたずば抜けた才能を指して、「時計界のレオナルド・ダ・ヴィンチ」と呼ばれることもある。

王侯貴族をはじめとする著名人が顧客

マリー・アントワネット(1755-1793)
王妃はブレゲの作るタイムピースの熱烈なファンであり続けると同時に上流階級の人々にブレゲを勧め、世界に顧客を開拓した人物でもある。
ナポレオン・ボナパルト(1769-1821)
ブレゲの顧客であったルクレルグ将軍と仲間のべルティエとディソレに紹介されたといわれる。1798年4月、ナポレオンは3個の懐中時計を購入した記録が残る。

ブレゲの顧客リストには、メゾン初期における最大の顧客であったマリー・アントワネットをはじめ、ルイ16世、ナポレオン・ボナパルト、その皇后ジョゼフィーヌ、イギリスのビクトリア女王など王侯貴族の名が並ぶ。

ブレゲの正確に時を刻む信頼性の高い時計は、科学者・軍人・金融家・外交官など当時のエリートたちからも熱烈に歓迎された。

このため、各界から与えられる栄誉も破格であり、経度委員会のメンバー、フランス海軍御用達時計師、国立学術団体アカデミー・フランセーズの会員などに選出されている。

さらに晩年には、ルイ18世より、フランスの最高勲章レジオン・ドヌール勲章のシュヴァリエ(騎士)を授かった。

Recommend おすすめ記事

News ニュース