スウォッチ グループのトップ6ブランドが見せた真価

時計特集

バーゼルワールドを離脱したスウォッチ グループ。オメガ、グラスヒュッテ・オリジナル、ジャケ・ドロー、ハリー・ウィンストン、ブランパン、ブレゲの6ブランドが、スイス国内で独自のイベントを開催した。名称は「TIME TO MOVE」。参加6社に共通するのは、新作の数を抑え、質を高めた点である。また、外装での新たな試みも2019年の大きな特徴だ。世界中からトップジャーナリストを集めた、スウォッチ グループ初のイベントの詳細を見ていくことにしたい。

吉江正倫:写真 Photographs by Masanori Yoshie
広田雅将(本誌):文 Text by Masayuki Hirota (Chronos-Japan)

BREGUET (ブレゲ)

女性用の新作に見る、ブレゲの好調ぶり
毎年、男性用に大作をリリースするブレゲ。しかし今年は一転して、使い勝手の良いレディース向けモデルを数多くリリースした。デザインコードは確かにブレゲである。しかし、ここまでディテールを詰めてくるとは誰が想像しただろうか?

マリーン レディ 9517

マリーン レディ 9517
マリーンに加わった女性用モデル。複数のラッカーを重ねた文字盤は、非常に深い仕上げを持つ。また今のブレゲらしく、ローターにはギヨシェ仕上げのMOPをあしらうなど、ディテールも凝っている。搭載する自動巻きはパワーリザーブこそ短いが、巻き上げ効率が高いため女性用に向くだろう。自動巻き(Cal.591A)。25石。2万8800振動/時。パワーリザーブ約38時間。SS(直径33.8mm)。5気圧防水。191万円。

 2019年のブレゲは「マリーン」を含む女性用モデルの拡充を行ったほか、今のスウォッチ グループらしく、外装でも新しい試みを行った。 とりわけ目を引いたのが、「マリーンレディ」と、「クイーン・オブ・ネイプルズ」が採用したラッカー仕上げの文字盤。青と黒のラッカーを12〜18層重ね、乾燥させた後に研ぎ上げることで、独特の色味とツヤを得ている。なお、普通は文字盤を保護するために透明なラッカーを吹く(ザポナージュ)が、あえて省かれた。「クラシック 9068」のMOPダイアルも同様に凝ったものだ。MOPへのギヨシェ仕上げは、途中で作業を止められないため手間が掛かる。そのためブレゲ以外での採用例はほとんどない。量産体制が整ったのか、ブレゲはこの手法を、女性用に広く用いるようになった。

 またマリーンのチタンモデルには、良質なチタンブレスレット付きが追加された。構成は標準的な3連ブレスレットだが、左右の遊びは適切で、ヘッドとテールのバランスが良いため、装着感は極めて優れる。またスポーツウォッチらしく、メンテナンスの際、ブレスレットは完全に分解できるようになっている。いわゆるラグジュアリースポーツウォッチを検討している人は、ブレス付きのマリーンは候補に入れて然るべきだ。

 個人的にお勧めしたいのが「クラシック トゥールビヨン」に加わった「エクストラフラット スケルトン 5395」である。単にスケルトンにしただけでなく、地板と受けのあらゆる箇所に、手作業で面取りを施している。面取りを簡略化するメーカーが多い中、ブレゲは真逆のありかたで、手作業の魅力をうたいあげた。面の入りと出をはっきりさせた仕上げは、現行スケルトンの中で最も優れたもののひとつと言えるだろう。

 CEOのティエリ・エスリンガーが「今年は女性用のモデルにフォーカスした」と述べた通り、レディースモデルが目立った2019年のブレゲ。それも外装の質感を高めてきたからこそ。私見を言うと、魅力的な女性用がそろった今のブレゲは、よほど調子が良いに違いない。

クラシック トゥールビヨン エクストラフラット スケルトン 5395

クラシック トゥールビヨン エクストラフラット スケルトン 5395
極薄トゥールビヨンをスケルトン化したモデル。面取りの深さと数を言えば、現行スケルトン随一か。またムーブメントも18Kゴールド製である。価格以上の価値はある。自動巻き(Cal.581SQ)。33石。2万8800振動/時。18KRG(直径41mm)。3気圧防水。予価2439万円。
マリーン クロノグラフ 5527

マリーン クロノグラフ 5527
Tiモデルに加わった待望のブレスレットモデル。バックルのベアリングにはセラミックスを採用。軽い上、時計の重量バランスもかなり秀逸だ。自動巻き(Cal.582QA)。28石。2万8800振動/時。パワーリザーブ約48時間。Ti(直径42.3mm)。10気圧防水。予価261万円。
クイーン・オブ・ネイプルズ 8967

クイーン・オブ・ネイプルズ 8967
右ページのマリーンに同じく、深みのあるラッカー文字盤を採用したモデル。ストラップには良質なデニム(!)があしらわれる。自動巻き(Cal.591C)。25石。2万8800振動/時。パワーリザーブ約38時間。SS(縦43×横34.95mm)。3気圧防水。予価228万円。
クラシック 9068

クラシック 9068
文字盤にギヨシェ仕上げのMOPを施したモデル。シリコン製ヒゲゼンマイの採用により、耐磁性能も申し分ない。自動巻き(Cal.591A)。25石。2万8800振動/時。パワーリザーブ約38時間。2万8800振動/時。18KWG(直径33.5㎜、厚さ7.55mm)。3気圧防水。288万円。

Contact info: ブレゲ ブティック銀座 ☎03-6254-7211


GLASHÜTTE ORIGINAL (グラスヒュッテ・オリジナル)

玄人好みを脱した、グラスヒュッテ・オリジナルの次手
各社が取り組む文字盤の質感改善。アッパーミドルにあって、他社から一歩抜きんでているのがグラスヒュッテ・オリジナルだ。その鮮やかな文字盤は、“地味”というグラスヒュッテ・オリジナルの印象を大きく変えつつある。そんな同社が発表したのは、より広い層に訴求する、新しいダイバーズウォッチだった。

シックスティーズ
グラスヒュッテ・オリジナルの定番となった1年限定のユニークダイアル。2019年はグラデーションを持つレッドブラックラッカー仕上げを採用した。ジャーマンシルバーの文字盤のベースに、60トンのプレスをかけて独特の模様を施している。旧作に比べて模様が浅くなったように見えるのは、歓迎すべき改良だ。自動巻き(Cal.39-52)。25石。2万8800振動/時。パワーリザーブ約40時間。SS(直径39mm、厚さ9.4mm)。3気圧防水。73万円。

 長らく、玄人好みという評価のあったグラスヒュッテ・オリジナル。しかし、同社は今までとは違った層に受け入れられつつある。大きな理由は文字盤。旧GUB時代から関係のあったフォルツハイムのT・H・ミュラーを買収することで、同社は最良の文字盤を入手できるようになった。以降、文字盤の改善に注力。鮮やかな発色を持つ文字盤は、グラスヒュッテ・オリジナルのパブリックイメージを変えようとしている。

 そんな同社は、より広い層に訴求すべく、4つのテーマを打ち出した。CEOのローランド・フォン・カイト曰く「伝統、イノベーション、クラフツマンシップとスポーツ」。その中のスポーツを象徴するのが、新型コレクションの「スペシャリスト」に加わったダイバーズモデル「SeaQ」である。原型は、1969年に発表された旧GUBのダイバーズウォッチ「Spezimatic RP TS 200」。見た目はそっくりだが、直径が39.5㎜または43.2㎜に拡大され、性能も改善された。 旧作との大きな違いは回転ベゼル。アルミからセラミックスに変更されたほか、回転ベゼルの爪にも摩耗しにくい同素材が採用された。グラスヒュッテ・オリジナルの「3万回の回転テスト」に耐えるというから、耐久性はお墨付きだ。

 搭載するムーブメントは2種類。「シックスティーズ」でお馴染みのキャリバー39と、パノラマデイト付きのキャリバー36である。中身を考えると選ぶべきは、傑出した新型自動巻きを載せる後者。フリースプラングと長いパワーリザーブは、理論上優れた携帯性能を持つはずだ。しかし、直径39.5㎜しかない前者はかなり魅力的だし、限定モデルの1969はいっそう良い。なお、上質なブレスレット付きのモデルもあり、これらには8段階のエクステンション機能が付いている。

 クラフツマンシップを象徴する「セネタ・クロノメーター・トゥールビヨン-リミテッド・エディション」は、秒針と一体化したキャリッジ全体がゼロリセットするという大作。

SeaQ

SeaQ
1969年のダイバーズウォッチに範を取ったモデル。搭載するのはCal.39だ。パワーリザーブが短く、フリースプラングではないが携帯精度はかなり優秀。自動巻き(Cal.39-11)。25石。2万8800振動/時。パワーリザーブ約40時間。SS(直径39.5mm)。20気圧防水。112万円。

SeaQパノラマデイト
こちらは傑作Cal.36を搭載した直径43.2mm版。裏蓋がシースルーになったほか、インデックスがアプライドとなった。回転ベゼルの感触はかなり秀逸だ。自動巻き(Cal.36-13)。41石。2万8800振動/時。パワーリザーブ約100時間。SS。30気圧防水。131万円。
パノインバース-リミテッド・エディション

パノインバース-リミテッド・エディション
高価格帯を目指すグラスヒュッテ・オリジナルの野心作。定番モデルの地板(!)に直接彫金を施している。手巻き(Cal.66-08)。31石。2万8800振動/時。パワーリザーブ約41時間。P(t 直径42mm、厚さ12mm)。5気圧防水。世界限定25本。520万円。
セネタ・クロノメーター・トゥールビヨン ‒ リミテッド・エディション

セネタ・クロノメーター・トゥールビヨン ‒ リミテッド・エディション
傑作「セネタ・クロノメーター」にトゥールビヨンを併せた大作。リュウズを引くと、キャリッジがゼロリセットする。手巻き(Cal.58-05)。85石。2万1600振動/時。パワーリザーブ約70時間。P(t 直径42mm、厚さ12mm)。5気圧防水。世界限定25本。1734万円。

Recommend おすすめ記事

News ニュース