2019年話題だったバイカラーモデルの出来栄えを多角的に検証してみた

時計特集

今季は図らずもツートーンデザイン、いわゆるコンビネーション素材のモデルがウォッチシーンの一角を彩った。ケースやパーツ、そしてブレスレットなどに二種など複数の素材を取り混ぜたデザインは、その配分次第で美的にも野暮にもなりうるところが大きなポイントだ。熟練のセンスと経験が求められる意匠でありながら、2019年のバーゼルワールドとSIHHの両会場では、多くの著名ブランドがこのツートーンモデルをこぞってリリースし話題となった。今回はなかでも特に評価の高い6モデルをピックアップし、その出来栄えを多角的に検証する。

Originally published on watchtime.com
Text by WatchTime

オメガ 「シーマスター クロノグラフ300M」

シーマスター クロノグラフ300M

 直近におけるシーマスター 300Mのリニューアルは2018年。その後に続くものとしてオメガはシーマスター 300Mクロノグラフを新たにリリースした。その新作の1つが、44・径のステンレススティール製ケースにセドナゴールドとブラックセラミックのダイビングスケールを搭載したツートーンモデルだ。カーブを効かせた外観造形が目を引くこのモデルは、リュウズとヘリウムバルブにもセドナゴールドを採用しており、さらにセラミック製クロノグラフのプッシャーのねじ込み式構造部分にもゴールドをあしらいアクセントあるツートーンルックを完成させている。ブラックセラミック文字盤にはこのシリーズの特徴である、波型模様をレーザーエングレービングにて施し、海のイメージをさり気なく引き立てている。文字盤の3時、6時、9時には長方形、12時位置には2本の大きなバー、そしてそれ以外には丸型のローズゴールド製アプライドアワーマーカーが配される。文字盤下部の6時位置にはデイト用の小窓、その上を視認性確保のためスケルトナイズされた時分針が通過し、オメガ シーマスターの特徴であるロリポップ風のラウンドをあしらった秒針が時を刻むという構成。特筆すべきディテールとして、サファイアクリスタル製のケースバックからのぞくムーブメントも見逃せない。オメガのマスタークロノメーター・キャリバー9900は、高い精度と耐磁性に加え、60時間ものパワーリザーブをもつ自信作だ。価格:9,300ドル。


ロレックス 「シードゥエラー」

シードゥエラー

 昨今の拡大路線が高い評価を受けているロレックス。この2019年のバーゼルワールドでは、シードゥエラーの新バージョンとして、自社のロールソーゴールド(18Kイエローゴールドとロレックスのオイスタースチールを合わせたもの)をセラクロム製ベゼル、ねじ込み式リュウズ、針、インデックス、オイスターブレスレット中央のリンクに採用したツートーンモデルを追加し話題をさらった。上記以外のディテールについては、1200mの防水性を含め、2017年に刷新されたシードゥエラーとほとんど同じスペックである。プロフェッショナル仕様のダイバーズでありながら、プレシャスメタルの導入にてこれほどの成功を収めたモデルは非常に珍しい。ジェームズ・ボンドの愛用時計といえば、サブマリーナを想起する人も多いに違いない。しかし海中において4000フィートの防水性を誇りつつゴールドのアクセントを効かせたこの新作は、より強く007らしいエッセンスを漂わせている。価格:16,050ドル


チューダー 「ブラックベイ クロノグラフ」

ブラックベイ クロノグラフ

 アイコニックなロレックス デイトナの「ジョン・プレイヤー スペシャル」が頭をよぎる、チューダーのブラックベイ クロノグラフ。ステンレススティールとゴールドのツートーン仕様により、魅力ある選択肢として新たに加わった注目のモデルだ。41・径のケースは、2017年のオリジナルモデルに非常に似ているが、1・以上スリム化されている。文字盤は二色使いのレイアウトで、カウンターにはシャンパンゴールドを採用。文字盤には赤いアクセントが配され、先端を赤く染めたクロノグラフ秒針と、同じく赤で記された防水性表示が、1950年代のチューダーデザインを彷彿させる。搭載されているキャリバーMT5813は、ブライトリングとの長きにわたるコラボレーションの賜物だ。ただしチューダーはムーブメントにより独自性を持たせるため、シリコン製ヒゲゼンマイを採用している。ストラップにレザーを用いたタイプは5,600ドルから。スティールとゴールド製の3連ブレスレットモデルは6,800ドル。価格:5,600〜6,800ドル


ベル&ロス 「BR V2-94ベリータンカー ブロンズ」

BR V2-94ベリータンカー ブロンズ

 999本のリミテッドエディションとして登場したベル&ロスのベリータンカー。その最新作は評判だった従来のデザインをアップデートさせ、完成度の高いブラック&ゴールドのツートーンルックに仕上げたもの。しかしプレシャスメタルに頼ることなく、ベル&ロスらしいスマートかつトレンディな手法にて実現させているところにポイントがある。新作に採用されたのは、有機的な温かみを感じさせるブロンズカラー。このBR V2-94ベリータンカー ブロンズは、2017年に発表されたベリータンカー クロノグラフと同じ41・径ケースを採用する。ただし、ケースとベゼルに用いられたブロンズと、シャンパンゴールドのアクセントを効かせたブラック文字盤以外の多くの部分は、2017年モデルを踏襲している。ケース内部にはETA2894-2をベースとする、キャリバーBR-CAL.301を搭載。価格:4,990ドル。


ブルガリ 「オクト オリジナーレ クロノグラフ」

オクト オリジナーレ クロノグラフ

 ブルガリ オクトのオリジナルコレクションは、オクト フィニッシモ ウルトラシンの独特なケースデザインを採用している。ただし、入手しやすい価格帯と全体的に厚みあるスタイルが異なる点として挙げられる。ローマを拠点とするブルガリが、オクト オリジナーレ クロノグラフを発表したのは今年初め。目を引くブラックDLC加工とゴールドのツートーン外装がひとつの個性となっている。ケースはサンドブラスト仕上げのスティールにブラックDLC加工を施しており、同時にリュウズと文字盤を取り囲む八角形のプレートに、ゴールドを使用することでアクセントあるルックスを完成させている。クロノグラフ版としては2018年に発表されたチタンモデルが有名だが、この新作ではタキメータースケールを取り去ることで、より洗練されたラグジュアリーな方向性を打ち出している。搭載されているムーブメントは、ゼニスのエル・プリメロをベースとする自動巻きキャリバー、BLV328 Velocissimo。価格:11,800ドル。


オリス 「65ダイバーズ」

65ダイバーズ

 オリス65ダイバーズにファンが多いのは、それなりの理由がある。現在の時計シーンにおいて、外観の完成度とプライスに関しこれほどバランスの取れたモデルは非常に希有な存在だ。ドイツ北部のホルシュタインに拠点を置くオリスは、2019年のバーゼルワールドにて、ステンレススティールブレスレットにブロンズベゼルを組みあわせた、ネオクラシックと呼ぶべき新バージョンを発表した。去年すでにブロンズベゼルを擁したツートーンモデルをデビューさせてはいたが、この最新作ほどの完成度は実現できていなかった。ディーブブルー文字盤との組み合わせが深海を思わせる65ダイバーズ「BiCo」は、まさにオリスが自社のダイバーズウォッチコレクションを強化するという意味で、これ以上ないベストの仕上がりを見せている。搭載されているムーブメントは、セリタSW200-1をベースとしたオリス733。価格はリンクの一部をブロンズ製とするツートーンブレスレット仕様で2,350ドル。レザーストラップ仕様なら2,100ドル。価格:2,100〜2.350ドル


Recommend おすすめ記事

News ニュース