ロレックス/ オイスター パーペチュアル デイトジャスト

アイコニックピースの肖像

広田雅将:取材・文 吉江正倫:写真
[連載第13回/クロノス日本版 2013年1月号初出]

実用腕時計の“基準機”たる資質を備えた「オイスター パーペチュアル デイトジャスト」。
その誕生と熟成の過程には、ひとつの機構を丁寧に熟成させていくロレックスのプロダクトに対する姿勢が明確に表れてくる。
2012年、ビエンヌに完成したムーブメント工房のレポートを絡めつつ、完成形へと至るデイトジャストの進化を辿る。

OYSTER PERPETUAL DATEJUST [Ref.1601]
スタイリングを決定づけた60年代の傑作機

オイスター パーペチュアル デイトジャスト Ref.1601
1960年製のRef.1601。この時代のロレックスに特有のブラックダイアル。リュウズやリバーサーを含めて、ほぼオリジナルの個体。実物を見ると、なぜRef.1601が成功したのかは理解できる。まとまりが良く、万事そつがない。自動巻き(Cal.1565)。26石。1万8000振動/時。パワーリザーブ約44時間。SS×18KYG(SS×14KYGもあり、直径36mm)。30m防水。個人蔵。

 デイトジャストに大きな成功をもたらしたのが、1950年代後半から77年まで製造された、Ref.1601である。搭載されたのはキャリバー1565(65年まで)と、その改良版である1575(1570として知られているが、正しくは1575である)。その高精度と安定ぶりは、ロレックスの名をいっそう高めた。

 初代モデルとなった45年のRef.4464以降、ロレックスはデイトジャストのムーブメント径を拡大させてきた。オリジナルモデルのキャリバー740は10.5リーニュ。しかし50年代半ばに発表されたキャリバー1065では、11.5リーニュとなった。拡大の理由は、おそらく両方向自動巻き機構(リバーサーを2枚要する)とデイト表示の瞬間早送り機構を搭載するためだろう。しかし性能に満足できなかったのか、数年後にロレックスは直径を12.5リーニュにまで拡大した。これがキャリバー1530と、それにデイト表示を加えてクロノメーター化したキャリバー1565である。さらにロレックスはこのムーブメントの振動数を1万9800振動/時に高め、キャリバー1575に進化させた(65年)。デイトジャストのムーブメントは、これで完成したといっても過言ではない。

 1960年代にロレックスの生産本数は急増した。大きな理由はデイトジャストの好セールスだが、それも搭載したキャリバー1565/1575の優秀さがあればこそである。それを証明するかのように、この時代のデイトジャストの多くが現存し、しかも現行品に遜色ない精度を誇っている。

 本誌でも再三述べてきたように、ロレックスは、最新が最良である。しかしこの時代のデイトジャストには、アンティークウォッチとしての心地よさと、現行品にも通じる実用性の高さが共存している。

(左上)深いツヤを持つブラックダイアル。経年劣化しやすいことで知られているが、この個体には微妙なニュアンスが残っている。もっとも、かつて書き直しされたものかは不明。なおインデックスは、ロレックスとしては珍しいエンボス仕上げ。(右上)ケースとフラッシュフィットの噛み合わせ。ブレスとフラッシュフィットは、後にロレックスに買収されるゲイ・フレアー社製である。現行品ほど噛み合わせの精度は良くない。また2005年以前のジュビリーブレスは、経年変化で左右にガタが出やすい。(中)デイトジャストの造形は、Ref.1601で完成したといえる。長く伸ばしたラグと、ベゼルから飛び出した風防という特徴が見てとれる。鍛造でケースを加工するロレックスは、おそらく生産性を高めるために、ラグを短く処理していた。しかし50年代以降は、ラグを伸ばすようになった。なおラグの先端は、必ずしも長さが均一に揃っていない。これは再仕上げをした結果ではなく、新品の時点からすでにそうであった。(左下)長く飛び出したラグ。上面を平たく成形し、サテン仕上げを加えて稜線を残す手法は以降ロレックスの「お家芸」となった。(右)標準的なバックル。プレートを指で曲げることで、装着感を微妙に改善できる。ただしバックルの作りは、現行品のほうがはるかに勝っている。

Recommend おすすめ記事

News ニュース