カルティエ/サントス Part.1

アイコニックピースの肖像

広田雅将:取材・文 吉江正倫:写真
[連載第25回/クロノス日本版 2015年1月号初出]

1904年にプロトタイプが完成したとされる「サントス」は、ストラップ付きの懐中時計から脱した、初の本格腕時計であった。
またこの時計は、スポーツウォッチの先駆けであり、マルチパーパスウォッチの先駆者でもあった。
ひと言では表現できないほど、多彩なキャラクター性を備えるサントス。
その起こりと現在の姿から、サントスの本質に迫っていくことにしたい。

Recommend おすすめ記事

News ニュース