ブライトリング /エアロスペース Part.1

アイコニックピースの肖像

広田雅将:取材・文 吉江正倫、三田村優:写真
[連載第33回/クロノス日本版 2016年5月号初出]

先進的なブライトリングのラインナップにあって、比較的地味な存在と見なされてきたエアロスペース。
機械式クロノグラフの名門というパブリックイメージを考えれば、このハイテクウォッチの分が悪いことは理解できる。
しかし中興の祖であるアーネスト・シュナイダーの経歴や、後継機に及ぼした影響まで考えれば、エアロスペースは再び注目を集めて然るべきなのである。

Recommend おすすめ記事

News ニュース