カミネ111周年を記念した「ブルガリ オクト フィニッシモ トリロジー」

ニュース

トークイベント後のフォトセッションでの1枚。左よりファブリツィオ・ボナマッサ・スティリアーニ氏、グイド・テレーニ氏、坂本龍一氏、ウォルター・ボロニーノ氏、上根亨氏、鈴木正文氏。中央のピアノを模したボックスに収まるのが今回の主役である「ブルガリ オクト フィニッシモ トリロジー」だ。

坂本龍一氏と「ブルガリ オクト フィニッシモ トリロジー」の2ショット写真。左腕には「オクト フィニッシモ オートマティック」が装着され存在感を放っている。当日は鈴木正文氏との対談やフォトセッションでのお茶目なポージングで会場を沸かせた。なお、今回のプロジェクト用に坂本氏が作曲した「TIME」は「ブルガリ オクト グラン ソヌリ」の奏でる音からインスピレーションを得たもので、イベントでは初披露された。

 8月24日(木)、東京・銀座にある「ブルガリ 銀座タワー」にて、世界で1セットのみが販売される「ブルガリ オクト フィニッシモ トリロジー」の発表イベントが行われた。

「ブルガリ オクト フィニッシモ トリロジー」は神戸を代表する時計店であり、ブルガリの正規代理店でもあるカミネの創業111周年を祝うべく誕生した限定セットだ。ピアノを模した特製のボックスには「オクト フィニッシモ スケルトン トゥールビヨン」と「オクト フィニッシモ ミニッツ リピーター」、「オクト フィニッシモ オートマティック」の「オクト フィニッシモ」シリーズ3本が入っているほか、今回のプロジェクト用に音楽家の坂本龍一氏が「ブルガリ オクト グラン ソヌリ」の奏でる音からインスピレーションを得て、作曲した「TIME」を収めたCDが付属している。

 なお、今回の限定コレクションに上記3本が選ばれた理由についてはカミネの代表取締役社長である上根亨氏がイベント内で説明している。氏いわく、111周年は1が3つ並ぶ年であるため、今回はそれぞれのカテゴリーで世界一薄い時計を3本選んだとのことだ。「オクト フィニッシモ スケルトン トゥールビヨン」はフライングトゥールビヨン搭載腕時計で、「オクト フィニッシモ ミニッツ リピーター」はミニッツリピーター搭載腕時計でそれぞれ世界最薄であり、「オクト フィニッシモ オートマティック」は市販されるすべての自動巻き腕時計の中で最もムーブメントが薄い。

 また、当日はブルガリ ジャパンのウォルター・ボロニーノ代表取締役社長だけでなく、ブルガリ ウォッチ デザイン センター シニア・ディレクターのファブリツィオ・ボナマッサ・スティリアーニ氏、ブルガリ・グループ ウォッチ部門マネージング・ディレクターのグイド・テレーニ氏ら時計部門の関係者も駆けつけ、それぞれこの限定セットについて説明した。さらに前述の“プロフェッサー”坂本龍一氏も、GQ JAPANの鈴木正文編集長とのトークショーで時に関する自身の捉え方を“講義”するなど、イベントに花を添えた。

Recommend おすすめ記事

News ニュース