ハミルトン「アビエーションウォッチ」エキシビションを開催

ニュース

イベント会場にはEDGE540型モックアップ飛行機が登場する。EDGE540はハミルトンのアンバサダーを務める世界的なエアロバティックパイロット、ニコラス・イワノフがレッドブルエアレースで操縦した機体と同型モデルだ。
<エキシビション概要>
"100 Years Of Timing The Skies"
開催期間:2018年3月8日(木)、9日(金) 10:00~20:00
会場:GINZA SIX 6階 銀座 蔦屋書店イベントスペース(東京都中央区銀座6-10-1)
※入場無料
※来場者に数量限定でオリジナルグッズプレゼント有り


 アメリカ初のワシントン~ニューヨーク間の定期航空便公式時計にハミルトンの時計が採用されてから、2018年で100周年を迎える。これを記念し、ハミルトンのアビエーションウォッチの歴史をたどるエキシビションがGINZA SIXで開催される。

 1892年、アメリカ・ペンシルバニア州ランカスターで創業したハミルトン。高精度の鉄道時計を製造することでその名を広く知られていたハミルトンは、アビエーション時代の幕開けとともにパイロットウォッチの製造を始めた。1918年にワシントン~ニューヨーク間を結ぶアメリカ初の定期航空便サービスの公式時計に選ばれたことを機に、航空界に進出。1世紀を経た今日においても、韓国の第121戦闘飛行隊、スペインのパトルーラ・アスパ、アメリカの第40哨戒飛行隊、オランダのアパッチおよびF-16デモチームなど、多くの飛行隊がハミルトンの時計を採用している。

 今回のエキシビションでは、ハミルトンの貴重なヴィンテージコレクションのほか、EDGE540型モックアップ飛行機などが展示される。
 アビエーションウォッチ100年の軌跡を堪能したい。

エキシビションでは、世界初のLED式デジタルウォッチや、ブランド初期のポケットウォッチなどヴィンテージコレクションが展示される。その他、1918年当時のブランド広告や年表など、貴重な資料も紹介予定だ。



Contact info:ハミルトン/スウォッチ グループ ジャパン Tel.03-6254-7371

Recommend おすすめ記事

News ニュース