リシャール・ミルとマクラーレン・オートモーティブが初のコラボウォッチを発表

ニュース

リシャール・ミル「RM 11-03 オートマティック フライバッククロノグラフ マクラーレン」。自動巻き(Cal.RMAC3)。68石。2万8800振動/時。パワーリザーブ約55時間。カーボンTPT®×クオーツTPT®(縦49.94×横44.50 mm、厚さ16.15mm)。50m防水。ラバーストラップ。世界限定500本。2130万円(税別)。

 リシャール・ミルCEOのリシャール・ミル氏と、マクラーレン・オートモーティブCEOのマイク・フルーウィット氏は、2018年3月8日、第88回ジュネーブ・モーターショーにおいて初のコラボレーションウォッチ「RM 11-03 オートマティック フライバッククロノグラフ マクラーレン」を発表した。
 これはマクラーレンのデザインディレクター、ロブ・メルヴィン氏とリシャール・ミルのエンジニアであるファブリス・ナムラ氏との共同製作のもと生み出されたものであり、そのデザインは、マクラーレンの独特なデザインを踏襲する。チタン製のプッシャーにはマクラーレン720Sのヘッドライトを、グレード5チタン製リュウズにはマクラーレンのホイールがイメージされた。ベゼルに埋め込まれたチタンパーツはF1の吸気口を模した形であり、マクラーレンのロゴが配された。
 マクラーレンのアイコニックカラーで彩られたケースは、カーボンTPT®と、600を超えるシリカ繊維層を重ねたクオーツTPT®を織り合わせて製作され、優れた耐久性と軽さを兼ね備える。
 ムーブメントには、2016年に発売を開始したフライバック機能を持つクロノグラフ自動巻きキャリバーRMAC3を搭載した。

 世界500本限定で販売されるこの新作ウォッチは、マクラーレン アルティメットシリーズの購入者へ優先販売され、また購入する場合には車体と同じシリアルナンバーを時計に与えることも可能だ。


Contact info: リシャールミルジャパン Tel.03-5807-8162

Recommend おすすめ記事

News ニュース