パネライ「ラストロノモ」第2弾が受注を開始

ニュース

パネライ「ラストロノモ ルミノール 1950 トゥールビヨン ムーンフェイズ イクエーションオブタイム GMT-50mm」。手巻き(Cal.P.2005/GLS)。43石。2万8800振動/時。パワーリザーブ約4日間。Tiまたは18KRGもしくは18KWGケース(直径50mm)。100m防水。予価2600万円(税別)。

 2018年のSIHHでパネライが発表した「ラストロノモ ルミノール 1950 トゥールビヨン ムーンフェイズ イクエーションオブタイム GMT-50mm」の受注がいよいよ開始される。本作は2010年に発表された「ラストロノモ」の第2弾。第1弾はカレンダー、均時差誤差表示、日の出・日の入り表示を備えた立体トゥールビヨンとして登場した。新モデルではこれに、GMTとムーンフェイズ表示が加わる。 
 ケースバック側に設けられた大きなムーンフェイズ機構は、ムーンディスクと昼夜表示の2層から成る。24時間で1周するディスクには太陽と星空が描かれ、星空の中心にある円形の窓から、下のディスクに描かれた月が、日ごとに約6.1°回転しながらのぞく仕組みだ。
 北半球と南半球の違いも考慮しながら、パーソナライゼーションもオーダーメニューに組み込まれた。ムーンフェイズ表示と、日の出・日の入りのインジケータがホーム時刻と関連付けられるように、オーナーが希望する場所の地理的座標を設定することができる。

 本モデルは2018年4月17日から受注開始される。パネライブティックに設置されたタブレットで、好みのケース素材やインデックスの色などを組み合わせ、完成イメージをスムーズに把握することが可能だ。未来型のショッピング方法も合わせて楽しんでいただきたい。

 

Contact info: オフィチーネ パネライ Tel.0120-18-7110

Recommend おすすめ記事

News ニュース