ショーメ「ダンディ」コレクションの新作、ファブリックストラップも登場

ニュース

ショーメ「ダンディ」コレクションに加わった3つの新作。
(左)パウダークリームガルバニックダイアルモデル。手巻き(Cal.ETA7001)。17石。2万1600振動/時。パワーリザーブ約42時間。18KPG(縦38×横38mm、厚さ8.30mm)。30m防水。ブラウンアリゲーターストラップ。182万円(税別)。
(中)サンレイ仕上げブラックガルバニックダイアルモデル。手巻き(Cal.ETA7001)。17石。2万1600振動/時。パワーリザーブ約42時間。18KPG(縦38×横38mm、厚さ8.30mm)。30m防水。ブラックアリゲーターストラップ。182万円(税別)。
(右)サンレイ仕上げブルーガルバニックダイアルモデル。手巻き(Cal.CP12V-VIII Zenith11 1/2''' /Elite 681)。27石。2万8800振動/時。パワーリザーブ約55時間。SS(縦38×横38mm、厚さ8.55mm)。30m防水。ブルーアリゲーターストラップ。59万5000円(税別)。

 2003年に誕生したショーメのメンズコレクション「ダンディ」に、3モデルの新作が加わった。シンプルで洗練されたデザインが魅力だ。

「ダンディ」コレクションのアイコニックな要素であるクッション型ケースの素材には、ポリッシュ仕上げの18Kピンクゴールドと、ステンレススティールが採用された。縦、横とも38mmのエレガントなサイズには、パウダークリームと、ブラック、ブルーの3色のダイアルが組み合わされる。クリームカラーのダイアルはパウダー仕上げとなっており、ブラウンのアリゲーターストラップとの組み合わせが落ち着いた雰囲気を演出する。ブラックとブルーのダイアルは、どちらもサンレイ仕上げがなされ、華やかだ。このブラックとブルーのモデルはそれぞれダイアルと同色のアリゲーターストラップが組み合わされる。全モデルともスモールセコンドが設けられ、パウダークリームとブラックカラーモデルは6時位置に、ブルーカラーモデルでは9時位置に配された。また3モデルとも共通して、ダイアルの中央から9時側にかけて、ショーメの象徴であるバヤデールストライプのデザインが、細かいヘリンボーンパターンでエングレービングされている。リュウズには40面のカボションカットが施されたダークブルーサファイアが配された。

 この新作3モデルと同時に、「ダンディ」コレクションのすべての現行コレクションに付け替え可能な、バヤデールストライプデザインの3種類のファブリックストラップも登場した。ストラップを替えるだけで、がらりとスポーティな装いが演出される。これから暑くなる季節に合わせ、「ダンディ」コレクションの異なる表情を楽しみたい。

ショーメ「ダンディ」のすべての現行コレクションに付け替え可能な、バヤデールストライプデザインの3種類のファブリックストラップ。
(左)ブルー、ホワイト、レッドカラーモデル。1万5000円(税別)。
(中)ブラック、グレー、ブルーカラーモデル。1万5000円(税別)。
(右)ブラック、グレーカラーモデル。1万5000円(税別)。

Contact info: ショーメ Tel.03-5635-7057


Recommend おすすめ記事

News ニュース