【プレBASEL2019新作】「マネロ フライバック」 コレクションにレトロな新色

ニュース

ブヘラ
カール F. ブヘラ 「マネロ フライバック」。自動巻き(Cal.CFB 1970)。25石。2万8800振動/時。パワーリザーブ約42時間。18KRGケース(直径43mm、厚さ14.45mm)。3気圧防水。予価236万円(税別)。


 カール F. ブヘラの新しい「マネロ フライバック クロノグラフ」のデザインベースとなったのは、60年代から70年代に制作された同社のヒストリカルモデル。ケースの滑らかで丸みを帯びたケース形状、ドーム型のサファイアクリスタル風防、マッシュルームシェイプのプッシュボタン、中空のドーフィン針、くさび型のインデックスなどのディテールは、当時流行したデザインの面影を感じさせる。
 今回の新色では、サンバースト加工を施したブラックの文字盤にシルバーのスモールセコンドと30分積算計が配されるなど、色のコントラストが鮮烈な印象を与える。また、ミニッツスケールに沿って描かれているアウトラインや、「FLYBACK」の印字、ストップウォッチ秒針を赤く塗ることで、今モデルにより一層のレトロ感を演出している。また、ウシ科の動物、クーズーからとれた柔らかな風合いを持つレザーを使用し、起毛加工を施したアントラサイトカラーのストラップにも赤いステッチが入る。

 なお搭載されるパワーリザーブ約42時間の自動巻キャリバーCFB 970は、コラムホイール制御のクロノグラフで、フライバック機能を備える。


Contact info: ブヘラジャパン Tel.03-6226-4650

Recommend おすすめ記事

News ニュース