NH WATCH、設立後初となる腕時計を発表

ニュース

NH WATCH 「NH TYPE 1B」。手巻き(Cal.3019SS)。18石。2万8800振動/時。パワーリザーブ約45時間。SSケース(直径37mm)。5気圧防水。180万円(税別)。

 NH WATCHが開発と製造、販売までを行う NH TYPE 1Bは、ヴィンテージウォッチにインスピレーションを得たデザインと、直径37mmという現代的なケースサイズ及び実用性を併せ持つ腕時計だ。

 加えて洋銀製の文字盤、904Lステンレススティール製のケースと尾錠など、加工の難しいマテリアルを用いていることも特徴。これら素材は超高精度微細加工機を製造している碌々産業株式会社とコラボレーションすることで使用可能となった。特に加工が困難な904Lステンレススティールの採用は、同社のミクロン単位の高精度な切削技術なしでは実現されなかったとのことである。

 搭載する手巻きムーブメントはETA7750がベースだ。しかし、クロノグラフと自動巻き機構を取り払い、新たにコハゼを組み込むことで、巻き上げの感触を改善するなど、NH WATCHならではの工夫が光る。

 ビーズブラスト加工された洋銀製文字盤は、素材の経年変化を楽しむため、あえてコーティングがされていない。また、ブレゲアラビックインデックスは全て熟練した職人の手彫りによるものだ。これは合成漆(カシュー)を流し込むことで立体感をさらに際立たせている。ブランドロゴや目盛りは前述の超高精度微細加工機によって刻印。スティール針は立体的に削り出されたのち、青焼き加工を経て、分針に至っては分目盛りに合わせて曲げ加工される。


Contact info: NH WATCH naoyahidawatch.com

Recommend おすすめ記事

News ニュース