ランボルギーニ「ウラカンEVOスパイダー」がジュネーブで初公開

ニュース

[GENROQ Web 転載記事]

Lamborghini Huracan EVO Spyder
ランボルギーニ・ウラカンEVOスパイダー

EVOクーペと変わらないパフォーマンスを発揮

 アウトモビリ・ランボルギーニは、「ジュネーブ・モーターショー」において「ウラカンEVOスパイダー」を初公開した。一足先に登場したウラカンEVOクーペ用に開発された、次世代ビークルダイナミクスコントロールとエアロダイナミクスを採用した、そのオープンモデルだ。日本での価格は3282万7602円(税抜)と発表された。

 ミッドに搭載される、5.2リッターV型10気筒自然吸気エンジンはチタン製インテークバルブを採用し、最高出力640hp(470kW)、最大トルク600Nmを発揮。乾燥重量は1542kg、パワーウェイトレシオは2.41kg/hp。0-100km/h加速は3.1秒、0-200km/h加速は9.3秒。100km/hからわずか32.2mで停止し、最高時速は325km/hと抜群のパフォーマンスを誇る。

先代ウラカンの5倍以上のダウンフォースが発生

「ウラカンEVO」の卓越したエアロダイナミクスは、当然スパイダーにも引き継がれた。ルーフのオープン/クローズどちらの状態でも先代ウラカン・スパイダーの5倍以上のダウンフォースと空力効率を発揮。その結果、ドラインビングパフォーマンスだけではなく、快適な乗り心地も実現。車内に流れ込む気流を最小限に抑えられているのも特徴だ。

 電動油圧式の軽量ソフトトップは、センターコンソールに配置されたボタンにより、50km/hまでなら開閉可能で、その作動時間も17秒で完了する。ルーフが下がると、ボディ同色のフィンが折り畳みルーフケースから立ち上がり、シートバックに向かって上昇。固定してリヤへとつながるラインを形成し、車高の低いダイナミックなエクステリアを強調する。フィン間に組み込まれたダクトにより、オープントップ走行時の風の巻き込みも抑えられている。

 アウトモビリ・ランボルギーニのステファノ・ドメニカリCEOは、「ウラカンEVOスパイダー」について以下のように説明する。

「ウラカンEVOスパイダーは、EVOクーペの性能、次世代ビークルコントロールおよびエアロダイナミクス機能をすべて備えた上に、オープントップならではの個性的かつエキサイティングな走りを実現しました。スーパースポーツとして楽しめるだけでなく、極めて運転しやすいクルマです。特にルーフを下げた状態では、自然吸気V10エンジンのエモーショナルなサウンドを楽しむことができるでしょう。デザイン、パフォーマンス、爽快なオープンエアでの走りは文字通り、息をのむ素晴らしさだと断言できます」

Contact info: ランボルギーニ カスタマーセンター Tel.0120-988-889

Recommend おすすめ記事

News ニュース