< グランドセイコー> ミラノデザインウィーク2019で「THE NATURE OF TIME」をテーマにインスタレーションを展開

ニュース

セイコーウオッチは、2019 年4 月9 日から14 日まで、イタリア・ミラノで開催される世界最大規模のデザインの祭典「ミラノデザインウィーク 2019」に、< グランドセイコー>として出展した。2018 年に続き、2 度目の出展となる本年は、発表の場をミラノモードの中心地モンテナポレオーネ通りに近い邸宅美術館「ポルディ・ペッツォーリ美術館」に移し、流れるように動く秒針を持つ独自の機構「スプリングドライブ」が映し出す「うつろい流れつづける時と、その永続性」を斬新なアプローチで可視化する。自然に寄り添う日本ならではの時間意識と時の本質を追求するグランドセイコーの世界観「THE NATURE OF TIME」を体現するインタレーションとなった。


 今回の出展に際し、昨年に引き続き、株式会社TRUNK の桐山登士樹(きりやまとしき)氏をプロデューサーに迎え、クリエーターには、多岐に渡る領域で活動を展開するデザインスタジオのwe+(うぃーぷらす)とストーリー性の高い映像表現に定評のあるCG ディレクター阿部伸吾(あべしんご)氏を起用。

スプリングドライブとは、ぜんまい駆動でありながら、従来にはない、日差1 秒以内という高精度を実現した先進的な駆動機構。1999 年、構想から20 年以上の開発期間を経て、究極の省エネルギー設計と流れるように動く秒針を備えた時計として誕生した。2004 年からはグランドセイコーのエンジンとして主要モデルに搭載され、卓越した匠の技による日本の繊細なものづくりと先端技術の融合が世界から高い評価を受けている。



Contact info: セイコーウオッチ(株)お客様相談室 Tel.0120-061-012(通話料無料)

Recommend おすすめ記事

News ニュース