グラハム 2019バーゼルワールド新作モデル『ソードフィッシュ』

ニュース

グラハムは、2019年バーゼルワールド新作モデル『ソードフィッシュ』を発表した。グラハム社が初めてソードフィッシュを発表したのは、2004年に開催されたバーゼルワールド。存在感のある46mmケース、2つのサファイアクリスタル製“魚眼レンズ”をもつ大胆で個性的なデザインのクロノグラフは、正にソードフィッシュという名にふさわしい風貌の持ち主で、当時の時計業界においてとても話題性のある特徴的なデザインだった。

■ グラハム ソードフィッシュ
自動巻き。34 石。28,800 振動/時。SSケース(直径46 mm)。100 m防水。パワーリザーブ約48 時間。870,000円(税別)。ブロンズケースは970,000円(税別)。ともに8月発売予定


ファン待望の魚眼レンズを備えた伝説のクロノグラフが復活
 今年のバーゼルワールドで発表された新しい『ソードフィッシュ』は、オリジナルのデザインとサイズをほぼ継承しながら、従来のSS製ケースに加えて、近年世界的に人気の高いブロンズを追加。より海のイメージを強くしたデザインとなっており、拡大鏡の役割を果たす2つのインダイアルが、まるで潜水艦や潜水スーツの窓を連想させる。サンブラッシュ仕上げのダイアルはブラック・グリーンの2種類展開。ダイアルと同色のラバーストラップにはメッシュ柄が施され、ファブリックバンドが付属する。

世界中のファン待望の『ソードフィッシュ』は、ケースサイズ46㎜の圧倒的なフォルムに加え、ブロンズのケースとチタン製のシースルーケースバックを組み合わせるなど、他のスポーツウォッチにはないグラハム独自のヴィンテージ&モダンテイストを表現している。



Contact info: GRAHAM/グラハム(DKSH ジャパン) Tel.03-5441-4515

Recommend おすすめ記事

News ニュース