マクラーレンF1の再来! ゴードン・マレーが開発した新作「T.50」が発表

ニュース

ゴードン マレー オートモーティブ T.50

[GENROQ Web 転載記事]

Gordon Murray Automotive T.50
ゴードン マレー オートモーティブ T.50

2022年から限定100台の生産をスタート

 F1デザイナーのゴードン・マレーが手がける自動車メーカー、ゴードン・マレー・オートモーティブは、初の生産モデル「T.50」を発表した。かつてマレーが手がけたマクラーレンF1のスピリチュアルな後継モデルとして開発された「T.50」は、これまでに製造されたあらゆるスーパースポーツよりも、ピュア、最軽量、かつ最もドライバーオリエンテッドな1台になるという。

「T.50」はF1グランプリと自動車産業の50年に及ぶデザイン及び技術的進化にインスパイアされており、わずか100台のみが限定生産される。開発に関してはすでに高度なレベルに達しており、2022年初頭にはフル生産とカスタマーへのデリバリーが開始される予定だ。

ゴードン・マレー

マクラーレンF1と同様に一切の妥協を廃した開発

 ゴードン・マレー・グループの設立者であり、CBE(大英帝国勲章)授受者でもあるゴードン・マレーは「T.50」の発表に喜びを隠さない。

「軽量化、高度に先進的なアクティブ・エアロダイナミクス、そして世界をリードする高度なエンジニアリングを採用した『T.50』は、これまでのスーパースポーツの基準を書き換える存在となるでしょう。我々の経験豊富な開発チームは、マクラーレンF1と変わらない妥協を一切廃したアプローチを用いました。これは、あらゆる箇所が大きく進化していることを意味します」

「T.50」のシャシー開発、そして内外装のデザインは、すべてゴードン・マレー・デザインによって行われており、生産はゴードン・マレー・オートモーティブが担当。これまでマレーがデザインした車両にはすべて「T」のイニシャルが与えられており、「T.50」はその歴史の50番目となる。

ブラバムBT46B, マクラーレンF1, T.50

ブラバムBT46Bから受け継がれたリヤのファン

「T.50」は、マクラーレンF1が1992年に世界中に革命を起こしたように、ハイパフォーマンスロードカーの常識を覆す存在となる。まず、980kgと既存のスーパースポーツよりもかなり軽量に仕立て上げられた。さらに、ロードカーでは考えられなかった先進的なエアロダイナミクスも採用されている。

 パワーユニットはゴードン・マレー・オートモーティブと英国のレーシングカンパニー、コスワース共同で新たに開発された、3.9リッターV型12気筒自然吸気エンジンを搭載。最高回転数1万2100rpm、最高出力は650hp、最大450Nmを発揮する。パワーウェイトレシオは663hp/tという抜群のスペックを実現した。

「我々が目指したのは、今までに製造されたどんなスーパースポーツよりもピュアで、最高に楽しいドライビング体験を実現することでした。その結果、確かにかなり速くなったということです」と、マレーは付け加えた。

「T.50」はマクラーレンF1と同様に、センターにドライバーズシートを備えた、象徴的な3シーターを採用。リヤセクションには400mmサイズのファンが装着され、車体下面の空気を強制的に排気。この強制的にダウンフォースを獲得するシステムは、かつてマレーがデザインしたF1マシンのブラバムBT46Bで初めて採用されたシステムだ。

 生産は英国・サリーに建設された専用ファクトリーで行われ、パワートレイン、ボディ、シャシーなど、すべての主要パーツは英国製が約束されている。この真の英国製スーパースポーツの価格は、200万ポンド(約2億7500万円)からとなる。

【SPECIFICATIONS】
ゴードン・マレー・オートモーティブ T.50
ボディサイズ:全長4380×全幅1850mm
乾燥重量:980kg
エンジン:コスワース-GMA 65°V型12気筒自然吸気
総排気量:3980cc
最高出力:650hp
最大トルク:450Nm
最高回転数:1万2100rpm
トランスミッション:軽量6速トランスミッション
駆動方式:RWD

Contact info: Gordon Murray Design https://www.gordonmurraydesign.com

Recommend おすすめ記事

News ニュース