RADOの新作はル・コルビュジエへのオマージュ

ニュース

 ラドーから、デザインのレジェンドへの敬意を表したフルハイテクセラミックスの最新時計コレクションが発表された。新作(トゥルーシンライン レ・クルール™ ル・コルビュジエ)は、先駆的なビジョンを持っていた建築家ル・コルビュジエの仕事を称えるユニークなコレクションだ。近代建築の三大巨匠の一人とされるル・コルビュジエは、少年時代に家業であった時計職人を目指したことでも知られている。

  • ル・コルビュジエ(1887-1965)

  • ポリクロミーの見本

/
ル・コルビュジエ(1887-1965)は、1920 年代の住宅において、白色を基調としながら低彩度の多彩色を面で塗り分ける手法を取り入れた。同様の手法を繰り返し用いて「白の時代」)とのちに呼ばれる建築手法を築き、「建築ポリクロミー理論」を提唱した。見る者に深いインパクトを与え、空間と深みを生み出す建築的に重要なカラー色を使用した「ポリクロミー」は、様々な色合いとトーンをもつ9 つのグループに分類されている。このカラーパレットは今日でも建築家やデザイナーに広く利用され続けている。
 「マテリアルの巨匠」ラドーは、30年以上にわたりハイテクセラミックスを取り扱って蓄えてきた専門ノウハウをすべて活用して、この魅力的な建築的ポリクロミーの中でも魅力的な9 色を使ったハイテクセラミックスの開発に成功した。
■RADO「トゥルーシンライン レ・クルール™ ル・コルビュジエ」
クォーツ。ハイテクセラミックスケース(直径39 mm)。30 m防水。210,000円(税別)。9月発売予定

 RADO「トゥルーシンライン レ・クルール™ ル・コルビュジエ」は、カラーごとに世界限定999 本。どのカラーのモデルにも全63 カラーが盛り込まれたデザインの特別ケースバックが装備され、これまでのすべてのラドーウォッチと同様に、このコレクションもフルハイテクセラミックス構造と先駆的なモノブロックケース構造のおかげで耐久性が高く、スクラッチレジスタント(耐傷性)、軽量で快適に着用できる。

<ル・コルビュジエの建築的ポリクロミーについて>
1931 年に発表されたパレットはピュアな43 の色合いで成り立ち、14 シリーズを構成している。これらのシリーズは同じ色調でありながら、明るさについては見事なグラデーションをなすカラーによって構成されている。1959 年に発表された第2 のコレクションでは、よりパワフルでダイナミックな色が加えられ、建築的ポリクロミーが完結した。カラフルでアクロマティックな色合い、そして様々な輝度の組み合わせは、建築的なポリクロミーの土台を形づくったル・コルビュジエの、建築における、そして画家としての並外れた経験を見事に示すものだ。

Contact info: ラドー / スウォッチ グループ ジャパン  Tel.03-6254-7330

Recommend おすすめ記事

News ニュース