世界で最も薄い光発電時計『シチズン エコ・ドライブ ワン』が更なる薄型バンドを実現

ニュース

 シチズンは、世界で最も薄い光発電時計『エコ・ドライブ ワン』より、装着感をさらに極め、わずか2.1mm(設計値)厚のバンドを実現した3 モデルを7 月上旬に発売する。

2016 年に誕生した、ケースの薄さ2.98mm(設計値)の世界で最も薄い光発電ウオッチ『エコ・ドライブ ワン』。2019 年の新モデルは、装着感を更に高めるため、ステンレスバンドに着目。バンドの駒ひとつひとつの加工精度を高めることで、従来のステンレンスバンドより0.3 ㎜薄い、2.1 ㎜(設計値)の薄型バンドを実現した。
■光発電エコドライブ。月差±15秒。デュラテクトDLC加工SSケース(直径39mm )。日常生活防水。

『シチズン エコ・ドライブ ワン』AR5054-51E 430,000 円(税別)
加えて今回は、『エコ・ドライブ ワン』で初めて、艶のあるブラックカラーが特長のシチズン独自の表面硬化技術「デュラテクトDLC」をケースとバンドに使用したモデル(AR5054-51E)をラインアップ。『エコ・ドライブ ワン』のカラーバリエーションがさらに広がった。ベゼルには、「薄さ」と「強さ」の相反する要素を満たす新素材、「サーメット」を引き続き採用。モデルによってサーメットのカラーを使い分け、薄さを極めたデザインを引き立たせている。

『シチズン エコ・ドライブ ワン』AR5055-58E 400,000 円(税別)
■装着感アップ!2.1mm(設計値)の薄さのステンレスバンドを実現
装着感を更に追及するため、バンドの加工方法が見直された。バンドの構造はそのままに、構成する駒一つひとつの加工精度を上げることで、通常使用における強度は確保しつつ、従来のステンレスモデルより0.3mm 薄い2.1mm(設計値)の薄さを実現。0.3mm 薄くなったことで、腕への密着感・心地よさが向上している。

『シチズン エコ・ドライブ ワン』AR5050-51L 400,000 円(税別)
■艶のあるブラックカラーが特長の表面硬化技術「デュラテクトDLC」モデルが初登場
DLC とは一般的にも使用される硬化技術で、Diamond-Like Carbon の略。すりキズに強いだけでなく、触り心地が非常に滑らかなのが特長だ。シチズンのデュラテクトDLC は、中間素材に徹底的にこだわることで密着性を向上。剥がれにくく耐久性に優れている。さらに、硬さだけでなく美しさも追求。ブラックカラーの細部に至るまで滑らかで艶のある輝きと発色を実現している。

■サーメット
Ceramics(セラミックス)とMetal(金属)からの造語。金属の炭化物や窒化物など硬質化合物の粉末を金属の結合剤と混合させて焼結した複合材料の呼称。セラミックスの特性である耐熱性や耐摩耗性、金属の特性である靱性を兼ね備えている。一般的なセラミックスよりも金属光沢を持った色調表現が可能で、ビッカース硬度は約1500Hv。

Contact info: シチズンお客様時計相談室 Tel.0120-78-4807

Recommend おすすめ記事

News ニュース