ジラール・ペルゴのヴィンテージ1945 ジャパンブルー限定モデル

ニュース

 ジラール・ペルゴは、角型のケースに収められたホワイトダイヤルにブルーの針と、藍色のローマンインデックスが映える「ヴィンテージ1945 ジャパンブルー限定モデル」を日本市場のみ100本限定で7月より順次発売する。

/
直線と曲線が調和したアールデコスタイルのヴィンテージ1945 ジャパンブルー限定モデルのケースとサファイアクリスタルは、上から下へ、左から右へカーブしており、快適な着用感を実現する。また、ケースの裏側からは、美しく仕上げられた自社製の自動巻ムーブメントGP03300が収められている様子をサファイアクリスタルを通して楽しむことができる。

 ジラール・ペルゴは、幕末期の1861年、日本に正規販売代理店を開設した。1860年にブランドのファミリーの一員フランソワ・ペルゴが初めて来日した当時の日本では、人々の衣服から、店舗ののれんまで、至る所に藍染の色があふれていた。フランソワが横浜でその生涯を閉じたのは1877年だが、少し前の1874年に来日し、溢れる藍色に衝撃を受けた英化学者ロバート・アトキンソンは、その色を「ジャパンブルー」と表現し書き記している。

ジラール・ペルゴ「ヴィンテージ1945 ジャパンブルー限定モデル」

■自動巻き。28石。28,800 振動/時。SSケース(縦33.30 x 横32.46mm)。パワーリザーブ約46時間。30m防水。日本限定100 本。1,160,000円(税別)

Contact info: ソーウインド ジャパン  Tel.03-5211-1791

Recommend おすすめ記事

News ニュース