オメガ、東京2020オリンピック・パラリンピックまで残り1年を祝福してカウントダウン

ニュース

 オリンピック・パラリンピック競技大会でオフィシャルタイムキーパーをつとめるオメガは、7月24日(水)、公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会とともに、東京2020オリンピックまで残り1年を祝い、東京の玄関口でもある東京駅 丸の内中央広場に設置されたオメガ 東京2020 カウントダウンクロックを披露した。

  • 東京駅 丸の内中央広場に設置されたオメガ 東京2020 カウントダウンクロック

  • 錚々たる顔ぶれが集ったお披露目式

  • スウォッチ グループ ジャパン 株式会社 代表取締役社長 クリストフ・サビオ氏

  • 国際オリンピック委員会 調整委員会 委員長 ジョン・コーツ氏

  • 公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック 競技大会組織委員会 会長 森喜朗氏

  • 東京都知事 小池百合子氏

  • 東日本旅客鉄道株式会社 代表取締役社長 深澤祐二氏

  • クロックのお披露目前にパフォーマンスを行う太鼓パフォーマンスチーム「HA・YA・TO」

/
国際オリンピック委員会(IOC)のジョン・コーツ氏は、「IOCの長年にわたるパートナーであるオメガとともにこの瞬間を共有できることは、非常に恵まれたことです。オメガの高度なタイムキーピングの精度と経験値は、オリンピック競技大会とそこで戦うすべてのアスリートにとって不可欠なものです。」とコメントした。

 伝統への特別なオマージュとして、オメガ タイミング CEOのアラン・ゾブリストは、元首相の森喜朗氏にオメガのラストラップベルを贈呈した。この歴史的な計時機器は、今日のオリンピック競技大会でも今なお使用されており、スポーツとスイス製のクラフツマンシップの密接な関係性を表している。

 (右から)東京都知事 小池百合子氏、国際オリンピック委員会 調整委員会 委員長 ジョン・コーツ氏、オメガ タイミング CEO アラン・ゾブリスト、スウォッチ グループ ジャパン 株式会社 代表取締役社長 クリス トフ・サビオ、公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会 会長 森喜朗氏、東日本旅客鉄道株式会社 代表取締役社長 深澤祐二氏、日本オリンピック委員会 会長 山下泰裕氏。

東京駅 丸の内中央広場に設置されたオメガ 東京2020 カウントダウンクロック
高さ約4 mのこのクロックは、東京2020 エンブレムと昇り来る朝日にインスパイアされてデザインされた。片方の面では、7 月24 日の東京2020 オリンピック競技大会の開始をカウントダウンし、もう一方の面で8 月25 日に始まる東京2020 パラリンピック競技大会の開始をカウントダウンする。

Contact info: オメガお客様センター Tel.03-5952-4400

Recommend おすすめ記事

News ニュース