シチズン「スーパーチタニウム™」を月着陸船と月探査車に活用

ニュース

シチズンとHAKUTO-Rがコーポレートパートナー契約を締結

 シチズンとispaceは世界初の民間月面探査プログラム「HAKUTO-R」のコーポレートパートナー契約を締結した。シチズンは「HAKUTO-R」で使用されるランダー(月着陸船)とローバー(月面探査ローバー)の開発において、腕時計のためにシチズンが独自に開発した素材「スーパーチタニウム™」を提供することで、月面探査ミッションに貢献していく。

史上初の民間月面探査プログラム「HAKUTO-R」のランダーとローバー(イメージ)

ランダー(月着陸船)とローバー(月面探査ローバー)に使用される「スーパーチタニウム™」

「スーパーチタニウム™」は、軽く、美しく、キズがつきにくく、さびにくいという特徴を持つ腕時計のためのシチズン独自の素材だ。1970 年にシチズンが世界初のチタニウムケースの腕時計を発売して以来、約半世紀もの間培ってきた、チタニウムを精密に加工する技術と、素材の表面に非常に薄く、硬く、耐摩耗性に優れた膜を形成する表面硬化技術「デュラテクト」により、「スーパーチタニウム™」はチタニウム本来の特性である軽さはそのままに、純チタニウムの6倍以上の表面硬度を実現している。

「HAKUTO-R」では軽量化と強度の観点から、ランダーとローバーにチタニウム製の部品を各所に採用する予定で、シチズンの「スーパーチタニウム™」を採用することで、ランダーとローバーの信頼性と耐環境性の向上を目指す。今後の検証によって、実際に使用する部位、膜厚やコーティング作業などの検討を行い、「スーパーチタニウム™」の実装に向けて両社のエンジニアが開発を進めていくことで、他分野の製造技術を活用した新たな宇宙開発に挑んでいく。


Contact info: シチズンお客様時計相談室 フリーダイヤル Tel.0120-78-4807


Recommend おすすめ記事

News ニュース