TUDORがラグビーワールドカップ 2019 日本大会のオフィシャル・タイムキーパーに就任

ニュース

ラグビーワールドカップ 2019 日本大会が、9月20日(金)開幕

 4年に一度開催され、世界で3番目に大きいスポーツの祭典であるラグビーワールドカップ。それがアジアでは初となる日本で開催される。日本国内では前回のワールドカップにおける日本代表の躍進は記憶に新しい。チューダーがオフィシャル・タイムキーパーを務める今大会では、20チームがワールドチャンピオンのタイトルをかけて熾烈な戦いを繰り広げる。

  • 「Japan vs South Africa_RWC 2015」TM © Rugby World Cup Limited 2015. All Rights reserved.

  • 「Webb Ellis Cup_RWC 2015」TM © Rugby World Cup Limited 1986. All Rights reserved.

  • 「New Zeland vs Australia_RWC 2015」TM © Rugby World Cup Limited 2015. All Rights reserved.

  • 「New Zeland vs Australia_RWC 2015」TM © Rugby World Cup Limited 2015. All Rights reserved.

  • 「M79350-0006_black_rubber_black_AMB」

  • 「M79350-0006_black_rubber_black_OB_AMB」

  • 「M79350-0006_black_rubber_black_OF_AMB」

/


 最も有名なチームの一つ、ニュージーランド代表であるオールブラックスは2011年と2015年の2回の優勝を誇り、三度ウェブ エリス カップ(ワールドカップの優勝国に送られるトロフィー)を掲げるべく優勝を狙う。チューダーのアンバサダーを務める彼らは、勇猛果敢な精神を持ち、常に限界へと挑戦し続けているのだ。またマオリ族の伝統的な舞であるハカ。それは彼らに息づく伝統を体現するものであり、相手への敬意を示すために試合の前に行われる。

レフリーウォッチはスペシャルモデル「ブラックベイ クロノ」

本年のラグビーワールドカップにおけるレフェリーたちが試合中身に着けるのは、類まれなる堅牢性と精度を誇るチューダーのクロノグラフ。スペシャルモデルであるこの「ブラックベイ クロノ」は23 人のレフェリー全員へと提供される。この23 本のみはブラックラバーストラップ仕様で、ケースバックには特別にエングレービングが施されている。加えて、レフェリーが掲げる選手交代ボードにはチューダーの盾のロゴが取り入れられる予定だ。■自動巻き。COSC認定クロノメーター。SSケース(直径41 mm)。200 m防水。約70 時間パワーリザーブ。非売品 ※同様のモデルはコチラを参照ください


Contact info: TUDOR / チューダー 日本ロレックス Tel:03-3216-5671


Recommend おすすめ記事

News ニュース