ヴィンテージ アルハンブラ ホリデーシーズン限定ペンダント

ニュース

 ヴァン クリーフ&アーペルは毎年、ヴィンテージ アルハンブラのホリデーシーズン限定ペンダントを制作している。2019年、フランス国立セーヴル磁器製作所とのパートナーシップにより、セレスティアルブルーのセーヴル焼とイエローゴールドが色鮮やかなハーモニーを奏でるペンダントが誕生した。

  • セーヴル焼のアルハンブラ モチーフのセッティングと研磨

  • ヴィンテージ アルハンブラ ホリデーシーズン限定ペンダント 385,000円(税別)

  • イエローゴールドとセレスティアルブルーのセーヴル焼、ダイヤモンドの限定版

  • © Sèvres - National Manufacture and Museum

/


希少性が高い幸運のシンボル

 新たなアルハンブラには、セレスティアルブルーのセーヴル焼が選ばれた。この美しい青は、1752年 セーヴル磁器製作所がフランス国王ルイ15世の命により晩餐用食器を初めて制作した際に考案された色のうちのひとつである。セーヴル焼は天然の素材と色素を用い、製作所の職人が手作業で染付を行ない、その優美な仕上がりが高く評価されている素材だ。ソフトでなめらかな表面が、極めて上品な光沢を生み出す。セーヴル焼のアルハンブラ モチーフの制作には、成形、焼成、研磨、エナメル加工、色付けなど、およそ20もの作業を必要とする。ヴァン クリーフ&アーペルは、この素材の特性にあわせて特殊なセッティング技術を開発し、セーヴル焼のモチーフとゴールドの台座を見事に調和させることに成功した。


1740 年に創業された国立セーヴル磁器製作所

1740 年、ポンパドゥール夫人の支援を受けて設立された国立セーヴル磁器製作所は、フランス王室や主要機関、諸外国の王族などに食器や美術品を提供してきた。素材の品質、職人の優れた技術、そして美しくモダンなデザインにより、現在まで国際的名声を保ち続けている。ヴァン クリーフ&アーペルは2012 年より、国立セーヴル磁器製作所と協力し、限定ジュエリーを制作してきた。これまでも、まばゆいラズベリーピンクやセーヴルブルー、ペールピンクのアルハンブラ コレクションの制作実績がある。

自分だけのジュエリーとして

この限定ペンダントをより特別なものとするため、ペンダントの裏側にパーソナル エングレービング(文字彫り)を施すことができる。お名前や記念日、メッセージを刻み込めば、そのジュエリーは永遠に世界で一つだけの存在となるだろう。※数量限定につき無くなり次第終了


Contact info: ヴァン クリーフ&アーペル ル デスク Tel.0120-10-1906

Recommend おすすめ記事

News ニュース