エルメスのスペシャルオーダーの展覧会が始まる

ニュース

 エルメスは2019年11月1日から17日まで、六本木ヒルズノースタワーにおいて「夢のかたち Hermès Bespoke Objects」を開催する。

世界の顧客たちやブティックスタッフの夢がかなった特注品を披露する展覧会

  • ©Nacása & Partners Inc.

    スカーフの柄が配された特注サーフボード

  • ©Nacása & Partners Inc.

    33回転のLP盤を聴くための見たこともないジュークボックス

  • ©Nacása & Partners Inc.

    青りんごそっくりなバッグ

  • ©Nacása & Partners Inc.

    1920年代にフランスで生まれた自動車“ヴォワザン”

  • ©Nacása & Partners Inc.

    籐で編まれた人力車

  • ©Nacása & Partners Inc.

    船底を半透明にしたカヤック

  • ©Nacása & Partners Inc.

    エルメスを象徴するオレンジ色を配したモーターバイク

/
大好きな“カレ”の柄が配されたサーフボード、33回転のLP盤を聴くための見たこともないジュークボックス、大切な友人のためにつくられた青りんごそっくりなバッグ、そして、最上の革をまとい現代によみがえった1920年代にフランスで生まれた自動車ヴォワザン。エルメスのオブジェは、既成の概念に囚われることなく、しかし実用性は熟考された想像力あふれるクリエーション。想像力には、どんなものでも創り出す驚くべき力があることを再確認させてくれる展示内容だ。


夢をかたちにする

竹フレームの自転車 ©Nacása & Partners Inc.
エルメスのアーティスティック・ディレクターや各アトリエの職人、仕立て職人、デザイナー、そしてエンジニアが、あなたの夢に耳を傾け、語り合い、夢のかたちを探しはじめる。こうして夢は少しずつ輪郭を描き、かたちを成し、デッサンや設計図、模型として姿を現し始めるのだ。エルメスのチームは最高の素材を厳選し、デザインを洗練させ、プロトタイプを完成させる。そしていよいよ制作がはじまる。エルメスのスペシャルオーダーのオブジェはこのようにして作られていくのだ。1837年から、お客様のためにハーネスや鞍を制作してきたメゾンの理念に忠実にありながら、エルメスのものづくりの源はいまもなお、卓抜した技術と大胆な発想、そして想像力の探求にある。


夢のかたち Hermès Bespoke Objects

展覧会概要
会場: 六本木ヒルズノースタワー1F&2F (東京都港区六本木6-2-31)
会期: 2019年11月1日(金)~ 17日(日)
時間: 10:00~20:00 (最終入場19:30)
主催: エルメス


Contact info: エルメスジャポン  Tel.03-3569-3300


Recommend おすすめ記事

News ニュース