知的好奇心が沸き上がるシチズン「カンパノラ コスモサイン」シリーズからミドルサイズの新作と限定版が登場

ニュース

天空の動きや月の満ち欠けをリアルタイムで文字盤に再現する「カンパノラ コスモサイン」から新作が2019年11月21日に発表される。

カンパノラ コスモサイン

天体の動きを表示する人気シリーズ「カンパノラ コスモサイン」からミドルサイズが登場する。


満点の星空がいつでも手元にある喜び

 従来モデルがケース径44mmだったのに対し、より多くの人の腕に馴染みやすい39mmとなり、星空ファン必見の1本となっている。ミドルサイズでコンパクトでありながらも、天空を楽しめる機能はそのままで、北緯35度の全天星座が表示され、4.0等星以上の恒星452個をはじめ、アンドロメダ銀河やオリオン大星雲などの星雲・星団が119個レイアウトされている。
 手元を覗けば、まるで本当に星空を眺めているような感覚を味わえるのには理由がある。

カンパノラ コスモサイン

北緯35度で見える恒星と星雲・星団を、11回もの版を重ねた精密な印刷で表示。時刻に合わせて時計とは逆周りに回転し、リアルタイムの星座を正確に表示する。


11もの版を重ねて再現する星空

 寸分の狂いなく文字盤上で星空を再現するために、11版にも及ぶ印刷が繰り返されている。印刷の版を重ねれば重ねるほど、その過程に要求される技術は高度なものとなっていくことは容易に想像がつく。その上、表現するのは表面温度によって4色に塗り分けられた恒星なのだから、盤面上の星空にリアリティを感じるのは当然ともいえる。また、表面はサファイアガラスにクラリティ・コーティングが施されているので視認性も高まり、耐久性、防汚性の面でも工夫がされている。


星空は時の概念を人類に感じさせるきっかけとなったもの

 そもそも、人類が「時」の存在を感じ取るきっかけとなったのは月の満ち欠けや星の動きだったといわれている。その壮大な宇宙の存在を時計に閉じ込めることができないだろうか、という発想で作られたのが「カンパノラ コスモサイン」だった。
 初代のカンパノラが発表されたのは2000年で、翌年の2001年に初代コスモサインが発表された。コスモサインシリーズは登場以来多くのファンを魅了し、歴代モデルの美しい星空の盤面はどれも作り込まれた美しさを感じることができる。一貫して宇宙や星空の存在がテーマとなっているので力強さもありつつ、神秘的な奥深さが見るたびに心を落ち着かせてくれるだろう。
 星空を見て、人類が時の存在に気付いたように、何か新しいインスピレーションが手元から生まれることもあるかもしれない。 

カンパノラ コスモサイン

華やかな印象のサクラカラーゴールドと黒のコンビネーションはよりエレガント。限定200本のモデルだ。


限定モデルはサクラカラーゴールドでのコーティング

 通常版は従来モデルのコンパクト版でクールな印象だが、限定モデルは39mm直径で漆黒の世界に美しく艶めくサクラカラーゴールドが映える。日本人の肌にも大いに馴染みやすい色合いで、200本のシリアルナンバー入りの限定品であることや価格帯、デザインの完成度、サイズ感など総合的に見ても購買意欲を刺激されるモデルだ。

カンパノラ コスモサイン 限定モデル

クォーツ(Cal.4394)。電池寿命約3年。SSケース(直径39mm、厚さ12.55mm)。A01034-08Eはサクラ色メッキ。日常生活用防水。限定版は200本限定。26万円(税別)。通常版は25万円(税別)。


Contact info:シチズンお客様時計相談室  Tel.0120-78-4807


Recommend おすすめ記事

News ニュース