IWCが国際保証を2年から8年に延長する「MY IWC」プログラムを発表

ニュース

 すべてのIWC購入者は「MY IWC」プログラムへの登録をすると、国際保証の期間が2年から8年へ延長される。また、過去2年以内にIWCの時計を購入し、保証期間が有効な時計を所有するオーナーも登録の対象となる。プログラムに参加したメンバーは、新製品やイベントに関する先行情報などの配信やさまざまなサービスへアクセスできる特典がある。

  • ローターに刻印される「プローブス・スカフージア」

  • 「プローブス・スカフージア」のメダリオン

  • 新らしいマニュファクチュールで組み上げられる精密なウォッチ

  • 2018年に完成した新マニュファクチュールセンター

  • IWCを率いる若きCEOクリストフ・グランジェ・ヘア氏(趣味は自転車)

/
今回の「MY IWC」プログラムの導入と国際保証の延長を可能にしたのは、IWCの150周年を記念して2018年に開設された新しいマニュファクチュールセンターだ。この革新的な新施設では、ケース製造、ムーブメントの部品製造、そしてムーブメントの組み立てが一貫した柔軟性の高いオープンプラン式で施設内に統合されている。新たに構築されたロジカルで連続的な生産プロセスのためのレイアウトによって、IWCはさらに効率的なワークフローと円滑なコミュニケーション、そして全面的に統合された品質管理システムを実現させた。最先端の高精度CNC(コンピュータ数値制御)のフライス盤を用いて加工し、熟練職人の卓越した目と手に連携して動作することで、精確かつ信頼性の高い美しい時計が生み出されている。


国際保証書のシリアル番号を入力するだけで保証期間が8年に延長



ブローブス・スカフージアの意味するもの

IWCシャフハウゼンの創立は150年以上前になる。IWCの技術レベルは創業当初から高い水準であり、通称ジョーンズ・キャリバーと呼ばれる懐中時計用のムーブメントは、非常に精巧かつ頑丈な耐久性を誇っていた。「プローブス・スカフージア」は、スイス高級時計メーカーの妥協を許さない精密さと信頼性の追求にちなんで、1903年に正式な呼称として設定された。「シャフハウゼンの優秀な、そして徹底したクラフツマンシップ」と翻訳されるこのラテン語は、IWCのモットーとして全てのウォッチのリューズまたはローターに刻まれている。

1906年のカタログに既に掲載されていた「プローブス・スカフージア」

My IWCと国際限定保証の延長の詳細については、www.iwc.com/myiwcをご覧ください。

Contact info: IWC  Tel.0120-05-1868

Recommend おすすめ記事

News ニュース