GUCCI タイムピーシズから新作が続々登場

ニュース

グッチ「グリップ」&「G-タイムレス」

グリップ

グッチ「グリップ」
1970年代後半のスケートボーダーからインスピレーションを得た「グリップ」シリーズの新作、ルーレットウォッチ。クォーツ。(左)SS(縦38×横38mm)。21万5000円(税別)。(右)SS+イエローゴールドPVD(縦38×横38mm)。24万円(税別)。2020年1月発売予定。

アレッサンドロ・ミケーレの世界観が爆発する個性派ウォッチ

 2015年よりグッチでクリエイティブ・ディレクターを務めているアレッサンドロ・ミケーレによる、“いい具合に毒気のある”スタイルの要素を組み入れた時計がグッチ タイムピーシズから次々に発表されている。

 その中でも1970年代後半のオールドスクール要素漂うルックスを持つ、「グリップ」シリーズが美しい。今回、そのグリップシリーズの新作として発表されたのは遊び心あふれるルーレットだ。

 2時位置のプッシュボタンを押すと「Chance(チャンス)/Future(未来)/Tenebrae(闇)/Amour(愛)」の4つの言葉のうちのひとつが9時位置に設けられた表示窓に現れる。ロマンティックな仕掛けでありつつ、「闇」がワードの中に入っているところがアレッサンドロ・ミケーレの手掛けるGUCCIの世界観を表していてファンにはたまらないポイントだろう。スケートボードのグリップテープから着想を得ているというだけに装着感、持ち主にピッタリと寄り添うヴィンテージライクなタイムピースだ。

タキメーター機能を搭載したグリップシリーズのクロノグラフモデル

グリップ

グッチ「グリップ」
グリップシリーズのクロノグラフモデル。(左)SSケース(縦40×横40mm)。30m防水。19万円(税別)。(右)SSケース(縦40×横40mm)。30m防水。20万円(税別)。2020年1月発売予定。

「グリップ」シリーズから新たに登場する2色のクロノグラフモデル。タキメーター機能を搭載したことにより、1kmの移動に要した時間から平均的な移動速度を計測することができる。フェイスは懐かしさがありつつ、モダンな雰囲気も併せ持つクールな表情だ。ホワイトダイアルのモデルにはクロノグラフ針に、ブラックダイヤルのモデルにはラバーストラップ部分に、それぞれインターロッキングGモチーフが配置されている。

定番のG-タイムレスに直径40mmの新作が2種追加

G-タイムレス

グッチ「G-タイムレス」オートマティックコレクション
自動巻き。SS(直径40mm)。50m防水。23万5000円(税別)。

 また、定番の「G-タイムレス」オートマティックコレクションからケース径40mmサイズの新モデルが追加される。ステンレススティールケースとブレスレットの組み合わせで、ブラックダイアルまたはホワイトダイアルから選択可能。どちらのモデルにもダイアルいっぱいにギヨシェパターンが施されている。

 アプライドインデックスにはブランドのアイコニックな蜂、キャットヘッドなどがデザインされているので、モードなエッセンスを時計にも取り入れたい方やファッションとのコーディネートを楽しみたい方には必見のモデルだ。


Contact info:ラグジュアリー・タイムピーシズ ジャパン/グッチ 
Tel.03-5766-2030


Recommend おすすめ記事

News ニュース