Cal.321搭載モデルに待望のSSケースが登場!! オメガ「スピードマスター ムーンウォッチ321 ステンレススティール」

ニュース

オメガ「スピードマスター ムーンウォッチ321 ステンレススティール」

2019年に待望の復活を遂げたCal.321は同年、プラチナケースをまとった「スピードマスター ムーンウォッチ 321 プラチナ」に搭載され登場。愛好家を歓喜させたことは記憶に新しい。そして同時に巻き起こったのが、321搭載のSSケースモデル待望論だ。歴史的名機を忠実に再現した同モデルの完成度の高さを見れば、よりオリジナルのムーンウォッチに近い仕様であるSSモデルを期待するのも当然だ。そして2020年1月8日、ついにオメガは待望のSSモデル、「スピードマスター ムーンウォッチ321 ステンレススティール」を発売することを発表。価格も151万円に決定した。

スピードマスター ムーンウォッチ321 ステンレススティール

オメガ「スピードマスター ムーンウォッチ321 ステンレススティール」
オメガの伝説的キャリバーをステンレススティール製ムーンウォッチに搭載した「スピードマスター ムーンウォッチ 321 ステンレススティール」が新登場する。自動巻き(Cal.321)。17石。1万8000振動/時。SS(直径39.70mm)。パワーリザーブ約60時間。予価151万円(税別)。

月面着陸50周年に発表したCal.321が待望のSSケースに搭載!!

入念な研究と再構築を経て、オリジナルの仕様に沿って復活を遂げたCal.321。人類初の月面着陸から50周年のアニバーサリーイヤーである2019年に発表された。

 美しく繊細なデザインで知られるオリジナルのCal.321は1957年に発表された初代オメガスピードマスターに最初に搭載されたムーブメントであり、その基本設計は41年のレマニア 27CHRONO C12にさかのぼる。そしてCal.321は、エド・ホワイトが宇宙遊泳を敢行した際に着用した3代目のスピードマスターであるST105.012に搭載されていたことでも有名だ。

Cal.321

 月面で最初に着用された時計としても知られるオリジナルのCal.321は68年までスピードマスターに搭載し続けられてきていたが、その後クロノグラフ制御をカム式に変更し、ブレーキレバーを採用したCal.861に変更されている。さらに後年には高品質なロジウムプレートに仕上げを変更しCal.1861と名前を改めたほか、トランスパレントバックモデル用に装飾を施したCal.1863にアップデートされている。

スピードマスター ムーンウォッチ321 ステンレススティール

1万8000振動/時、コラムホイール式、ブレゲヒゲゼンマイを採用する手巻きクロノグラフという点はオリジナルのCal.321と同じ。設計で異なる点は、香箱真を細くすることで、オリジナルよりも長い主ゼンマイを収めるための面積を香箱内に設けたこと。結果、パワーリザーブはオリジナルの約48時間から約60時間に延びている。また、セドナゴールドをPVDコーティングしたブリッジなど、装飾は新しい仕様となっている。

 待ち望まれた最新のCal.321はスイスにある専用の工房で2年間にわたり入念な研究と再構築を経て、オリジナルの仕様に沿って復活した。出来るだけ正確に再構築するため、オメガチームはブレゲよりCal.321に関する工具や製造機械をすべて移管した上で、歴史の研究や原型の設計についての情報を収集したという。さらに、宇宙飛行士ユージン・サーナンが1972年のアポロ17号の任務の際に着用した本物のスピードマスターST105.003NOタイムピースの内部を確認するため、デジタルスキャンテクノロジーも用いられた。

スピードマスター ムーンウォッチ321 ステンレススティール

エド・ホワイトが愛用した第3世代のデザインを反映した直径39.70mmのステンレススティール製ケースを採用した本作は、ホワイトエナメルのタキメータースケールを配したポリッシュ仕上げのブラックセラミックZrO2製ベゼルリングが特徴。ブラックのステップダイアルを美しく彩るのはムーンウォッチスタイルの時分針、サブダイアルのスモールセコンド、30分積算計、12時間積算計、そして中央のクロノグラフ針。コレクターにとって目玉となるのはアイコニックなドットオーバー90をはじめ、デザイン全般にあしらわれたヴィンテージのオメガロゴなど、往年のモデルを彷彿とさせる特徴が敬意を持って再現されている部分だろう。

 この新Cal.321を搭載した最初のモデルである、「スピードマスター ムーンウォッチ 321 プラチナ」は価格が700万円近くと高額だった。そのため、スピードマスターのファンの中には残念な気持ちで諦めた人もいたかもしれないが、今回発売されるステンレススティールモデルの価格は151万円。Cal.1861を搭載する「スピードマスター プロフェッショナル “ムーンウォッチ”」が55万円であることを考慮すれば、割高であることは否めないが、それでも比較的現実的な価格帯でCal.321を搭載するスピードマスターを手元に置くことができる。


Contact info:オメガお客様センター Tel.03-5952-4400

Recommend おすすめ記事

News ニュース