G-SHOCKで最も売れた「6900」シリーズに初のメタルベゼルバージョンが登場

ニュース

「6900」シリーズは発売以来、XLARGE、A BATHING APE、ヒステリックグラマーなどのストリート系ファッションブランドとのコラボレーションモデルを生み出してきた。その「6900」シリーズに初のメタルベゼルバージョン(3モデル)が2020年2月14日に発売される。

通称“3つ目”と呼ばれるインパクトのあるデザインが特徴的な6900シリーズ。初のメタルベゼル採用モデル「GM-6900」から3モデルが2020年2月14日に発売される。


25年の歴史の中で生まれた数々のマニア垂涎モデル

「6900」シリーズは1995年2月の「DW-6900-1V」発売以来、数多くのストリート系ファッションブランドとのコラボレーションモデルを生み出してきた。XLARGE、A BATHING APE、ヒステリックグラマーなど熱烈なファンがいるブランドでは、予約をしなくては入手困難であったり、オークション市場などでプレミアが付いて取引されていることもある。変わり種では、マクドナルドのビッグマックとのコラボレーションモデルが1000本限定で抽選販売となったことも記憶に新しい。ポップな見た目と凝ったパッケージがコレクター魂をくすぐっただけでなく、デザインのインパクトと購入しやすい価格帯、間違いなくタフに使える性能は、既存のG-SHOCKファンやコレクター以外の層にも響いた。

 2019年にカシオが発表した35年間の国内売上ランキングで、堂々の1位を獲得したのがこの「6900」シリーズだ。バックライトに文字や絵柄が浮かび上がる仕様で、「6900」シリーズを購入した人は誰もが必要もないのにバックライトを点灯させて悦に入ったことがあるのではないだろうか。G-SHOCK初号機である「DW-5000C」の後継として、時計店のみならず数多くのセレクトショップでも取り扱いがあった「DW-5600」を抑えての1位だ。


シリーズ初のメタルベゼル

ベゼルの鍛造過程。複雑な形状だけでなく、インナーケースとの嵌合精度を左右する裏面までも精緻に成形されている。

 今回発表された「GM-6900」は、シリーズ初となるメタルベゼルを採用している。「6900」シリーズのベゼルは凸凹が多く複雑な形状をしているため、これまでのモデルでは素材に樹脂を使用してきた。「GM-6900」では、約20もの鍛造工程と数回の切削、および研磨を繰り返し形状を整えていくことで、「6900」シリーズの特徴的なフォルムをメタルで実現することに成功している。またポリッシュ仕上げとヘアライン仕上げを組み合わせ、メタル素材の質感や美しさを堪能できる仕上がりとなっている。自重が約96gとなっているので、着用感はいたって快適で軽快だ。

GM-6900

GM-6900
耐衝撃構造。樹脂×SS(直径49.7mm、厚さ18.6mm)。20気圧防水。2万3000円(税別)。
GM-6900B

GM-6900B
耐衝撃構造。樹脂×SS(直径49.7mm、厚さ18.6mm)。20気圧防水。2万6000円(税別)。
GM-6900G

GM-6900G
耐衝撃構造。樹脂×SS(直径49.7mm、厚さ18.6mm)。20気圧防水。2万6000円(税別)。


「6900」シリーズ25周年記念モデルも発売

「GM-6900」だけでなく、1995年の「DW-6900-1Ⅴ」に始まる「6900」シリーズの発売25周年を記念した新モデル、「DW-6900SP」も発売となる。この「DW−6900SP」は、角度によって色が変化するグラデーションカラーの文字盤に、ブルー、グリーン、ピンクの3つの丸型インジケーターを備えたカラフルなモデル。デジタル表示部分には25周年を表すモノグラムがあしらわれ、記念モデルにふさわしいデザインとなっている。こちらはブラックとホワイトの2モデル展開だ。

DP-6900SP-1
DP-6900SP-7
DP-6900SP
耐衝撃構造。樹脂(直径50.0mm、厚さ16.3mm)。20気圧防水。1万4000円(税別)。


Contact info:カシオ計算機お客様相談室 Tel.03-5334-4869


Recommend おすすめ記事

News ニュース